ビットコイン毎日1,000円積立チャレンジ月次報告

こんにちは。

4月から始めた、ポイ活で得た利益をビットコインに毎日1,000円づつ積立の月次報告です。

スポンサーリンク

BTC毎日1,000円積立チャレンジ

毎日1,000円づつ積立するという事は、4月は30,000円をビットコインに投資した事になります。

ですが、この30,000円はポイ活で得た30,000円なのでノーリスクの投資となります。

その方法は後に説明します。

▲523円という結果でした。

まぁビットコインは上下激しいので、あまり気にしていません。

そのうちプラスになるだろうし、すぐマイ転にもなります(笑)

5月も淡々と、毎日積み立てていこうと思います。

BTC毎日1,000円チャレンジの運用方法

筆者のように、ノーリスクでビットコインを積立するには、まず毎月30,000円分の不労所得が必要となってきます。

どうせなら、その30,000円もノーリスクで得ちゃいましょう!

ハピタスに登録

まず、下のバナーからハピタスのサイトの会員登録をします。

※ここから登録で無料ポイントGET!

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

会員登録したら、早速ポイ活開始です。

手っ取り早くポイントを稼ぐには、クレジットカード案件が一番早くポイントが貯まります。

例えば…、

この大丸松坂屋カード。

3ヶ月以内にカード発行に至った場合に9,000pt(9,000円の価値)が貰えます!

しかも、年会費無料なので、実質9,000円丸儲けです。

なるべく、年会費無料のクレカ案件を探すのがいいですが、

年会費がかかってもポイントとの差額がプラスだったら筆者はバンバン申し込んでいます。

年会費無料で上記のような案件はあまりないので、トータルでプラスになるか?を見極めています。

以前あったのが、カード発行で50,000pt!

そのカードは、年会費5,500円かかりましたが、差額が44,500ptです。

そういう案件を上手く利用し、ポイントを貯めていくのがまず第一の関門です。

ハピタスポイントを貯めて換金する

次に貯めたポイントをどのように換金するか?です。

ハピタスポイントから、いろんなポイントに振り替える事ができます。

例えば、ANAやJALのマイルだったり、電子マネー系もdポイントや楽天ポイントなどに交換できます。

ですが、一番大事なのが換金率です。

例えば、10,000pt貯まったとして、それは日本円で10,000円の価値を意味します。

ですが、ANAやJALのマイルに替えると、10,000ptが5,000マイルでしか交換できません。

楽天ポイントも10,000ptを替えたら、7,700楽天ポイントにしかなりません。

だったら、確実に10,000ptを現金に交換しちゃいましょう!

そうすれば、ポイントが確実に自分の資産になります。

ハピタスでは、月に30,000pt分の交換が可能です。

なので、クレカ案件で確実に30,000ptを毎月稼ぎ、30,000円を確実に交換するようにしましょう。

コインチェックに入金する

ハピタスから自分の口座に入金した30,000円を、今度は仮想通貨取引所に入金します。

ビットコインの積立であればコインチェックがオススメです。

※コインチェックの口座開設はこちらから↓

コインチェック

実は、筆者はビットコインの積立は楽天コインでやっています。

ですが、これには意味があって、楽天コインの口座はポイント投資の専用口座にしているからです。

楽天コインで得た利益は全てノーリスクで得た利益として分別するためです。

なので、普通にビットコインを積立するなら、コインチェックの方が楽です。

コインチェックには、コインチェックつみたてという便利な機能があります。

コインチェックのトップページに、

このように。

この設定をして、毎月ハピタスで得たポイントを換金し、コインチェックに入金するだけです。

この方が、筆者のように毎日買い付ける必要がないので楽です。

こんなに手ごろでノーリスクな投資も他にありません!

確かにハピタスで得た利益を、生活費に当てたり、欲しいものを買うのもアリですが、

せっかくタダで得た利益は複利運用するのが一番です。

ビットコインは、年内に1,000万行くと言われています。

せっかく複利運用するなら、一気に増やしたいというのが筆者の考えです。

仮にビットコインが価値ゼロになっても1円も損しませんし(笑)

今後もハピタスで得たポイントで淡々と積立て行きます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする