トラリピ5すくみ(改めトラリピペンタゴン)始動!

こんにちは。

有言実行って事で、今日から早速トラリピ再始動です。

今まで運用してきた方法とは違う新たな運用方法、「5すくみ」をたった今設定し動かしています。

あと、名前を「トラリピペンタゴン」と改名しました。

5角形なのでペンタゴンです。

スポンサーリンク

トラリピペンタゴンとは?

図で見てもらう方が早いです。

5つのペアをそれぞれ買って売られる設定をする事で、含み損と利益のバランスを取る方法です。

実際に昨日の2時〜5時の値動きで見てみると、

ペア名 2時 5時 含み損益
EUR/JPY(売) 130.36 130.14 +22pips
EUR/USD(買) 1.1943 1.1917 -26pips
NZD/USD(売) 0.7196 0.7185 +11pips
AUD/NZD(売) 1.0759 1.0755 +4pips
AUD/JPY(買) 84.57 84.41 -16pips

3ペアが含み益、2ペアが含み損となっています。

このバランスが、大きな利益を生まない代わりに、抜群の安定感を産むという方法です。

放置プレイには最高の方法だと自負しています。

では早速どのような設定にしたのかペア毎に説明します。

EUR/JPY(Sell)

EUR/JPY(売)
トラップ幅 125.1〜135.0
トラップ間隔 0.1円幅で100トラップ
利益値幅 1,000円(トレール無)
証拠金 139,203
全て成立時評価損 ▲495,000
必要資金計 639,450

トラリピは一度に100までしか設定できないので、まずはこの設定にしました。

チャートで見るとこんな感じです。

もしこのレンジを上抜けしたら、135.1〜140円まで50のトラップを追加し、下抜けしたら120.1〜125円まで50のトラップを追加します。

月足で見ると、ほぼレンジ内に収まっています。

ユーロ円はボラが結構激しいので、利益も生む分、リスクも高いペアでもあります。

EUR/USD(Buy)

EUR/USD(買)
トラップ幅 1.151〜1.25
トラップ間隔 0.001$幅で100トラップ
利益値幅 9$(トレール無)
証拠金 119,350
全て成立時評価損 ▲540,684
必要資金計 655,082

この3ヶ月はレンジ内での値動きです。

最終形は、

1.101〜1.300まで200本のトラリピを仕掛けます。

月足で見てる分には、ほぼレンジ内です。

まずは今の設定のレンジをすぐ超えるという事は無いので、少し様子見です。

NZD/USD(Sell)

NZD/USD(売)
トラップ幅 0.651〜0.75
トラップ間隔 0.001$幅で100トラップ
利益値幅 9$(トレール無)
証拠金 117,868
全て成立時評価損 ▲540,664
必要資金計 666,808

レンジには収まってますが、上に抜ける可能性が高そうなチャートです。

最終形は、0.601〜0.800$に200本。

月足で見ると、綺麗にレンジ内に収まっています。

このペアはユーロ円、ユーロドルなどのペアと比べると、ボラが小さいです。

なので、今はこの設定で様子見ですが、トラップ値幅をもう少し縮める可能性もあると思います。

もし修正するなら、

NZD/USD(売)修正版
トラップ幅 0.675〜0.75
トラップ間隔 0.00075$幅で100トラップ
利益値幅 9$(トレール無)
証拠金 117,826
全て成立時評価損 ▲405,439
必要資金計 529,459

この設定の方が、他とのバランスが取れるかもしれません。

AUD/NZD(Sell)

AUD/NZD(売)
トラップ幅 1.021〜1.12
トラップ間隔 0.001NZ$幅で100トラップ
利益値幅 1.2NZ$(トレール無)
証拠金 64,012
全て成立時評価損 ▲389,203
必要資金計 456,112

完全なるレンジ相場です。

最終形は、0.971〜1.17$の間に200本ですが、他のペアと比べても圧倒的にボラが小さいペアなので、他のペアのように利益を生み出す事は難しいです。

元々、豪ドルとNZドルは似た者ペアで、上がる時や下がるときは同じタイミングが多いです。

中国の経済に左右されるところも同じなので、必然的にボラが少なくなります。

なので資金の面も他のペアと比べても安く済むというわけです。

このペアはもう少しレンジを絞って運用した方がいい気がします。

AUD/NZD(売)最終形
トラップ幅 0.971〜1.170  1.000〜1.150
トラップ間隔 0.001NZ$幅で200トラップ  0.00075NZ$幅で200
利益値幅 1.2NZ$トレール無)

そうなると自ずと今の設定がこうなります。

AUD/NZD(売)修正版
トラップ幅 1.045〜1.120
トラップ間隔 0.0075NZ$幅で100トラップ
利益値幅 1.2NZ$(トレール無)
証拠金 63,992
全て成立時評価損 ▲291,855
必要資金計 355,847

もしくは、

AUD/NZD(売)修正版
トラップ幅 1.061〜1.11
トラップ間隔 0.005NZ$幅で100トラップ
利益値幅 1.2NZ$(トレール無)
証拠金 64,899
全て成立時評価損 ▲194,643
必要資金計 260,972

ここまで攻めてもいいかもしれません。

そのくらいコアレンジなペアなので。

この設定の方が、他のペアとのバランスが良くなりそうです。

とりあえず今の設定で様子見して、機を見てこの設定に変えようと思います。

AUD/JPY(Buy)

AUD/JPY(売)
トラップ幅 80.1〜90円
トラップ間隔 0.1円幅で100トラップ
利益値幅 1,000円(トレール無)
証拠金 150,558
全て成立時評価損 ▲495,000
必要資金計 636,777

去年の暮から上昇気流にあるペアなだけに、今の設定からははみ出ていますが、

私も以前トラリピを運用していた時に、この豪ドル円は運用していたのでよくわかりますが、

今は上がりすぎな感はあります。

私は豪ドル円が60円代の時も見てきていますから、今後は円高方向に進むかもしれません。

そうなると、含み損が増えますが、それは未来の利益と思って運用していきます。

最終形は、70.1〜90円に200本のトラップです。

ですが今の上昇気流だと、2015年の100円まで上がる可能性もあります。

その時は、95円くらいまでは追いかけるつもりです。

ですが、豪ドルが100円になったら、ドル円が130円くらいになるでしょうから、現実的な数字では無いかもしれません。

まとめ

トラリピペンタゴン現在の設定
ペア レンジ幅 利益値幅 証拠金 最大含み損 必要資金計
ユロ円(売) 125.1〜135 1,000円 139,203 ▲495,000 639,450
ユロドル(買 1.151〜1.25 9$ 119,350 ▲540,684 655,082
NZドル(売) 0.651〜0.75 9$ 117,868 ▲540,664 666,808
豪NZD(売) 1.045〜1.12 1.2NZ$ 63,992 ▲291,855 355,847
豪ドル円(買 80.1〜90 1,000円 150,558 ▲495,000 636,777
590,971 ▲2,363,203 ▲2,953,964

筆者は、300万の資金でこの5すくみを始めましたが、必要資金計がギリギリ300万以内なので危なく無いのか?と思われる人も多いと思いますが、

この「トラリピペンタゴン」は、必要資金まで資金がいる事はまずありません。

仮に、ユーロ円が含み損最大まで膨れ上がったとします。

ユーロ円は売ってますから、含み損が増える=ユーロの価値が上がり円の価値が下がった という事になります。

そうなると、ユーロドルはドルでユーロを買っているので、自ずと利益が出ているという事になります。

仮に、ユーロ以上にドルの価値が上がりユーロドルも含み損を抱えていたら、NZドルのペアが利益を出してるはずです。

何故かというと、NZドルは売なので、NZ$でドルを買っているので利益が出ていて当然という事になります。

この例で行くと、一番弱いのは円という事になります。(ユーロ円が上がってユーロドルが下がったら円が一番最弱)

そうなると、これまた自ずと、豪ドル円は買なので利益が出ているという結果になります。

では、この設定でトラリピを再開します。

っというかもう再開しています(笑)

この記事を読んでトラリピを始めたい人はこちらから口座開設できます。

マネースクエアの口座開設は↓
マネースクエア

筆者が年間140万の利益を出したマネースクエアのトラリピの運用お考えの方は…、  

ガンモ
トラリピサイトマップをご活用ください

トラリピサイトマップ
マネースクエアのトラリピとは?
・トラリピとは?FX自動売買を始めようと思ってる人必見!
口座開設方法
・マネースクエアの口座開設方法
運用ペアの設定を公開
・月平均45,000円の副収入「ユーロ円」の設定
・月平均39,400円の副収入「ユーロドル」の設定
・月平均36,100円の副収入「豪ドル円」の設定
・月平均22,200円の副収入「NZDドル」の設定
小額から始めるオススメの設定
・小額から始めるトラリピ設定 〜30万編〜
・小額から始めるトラリピ設定 〜50万編〜
運用するための成功理論や注意点
・攻めの運用で不労所得を得よ!
・守りの運用でリスク回避せよ!
・初心者の為のFX用語集
トラリピ事件簿
・今更だけど1/3に起きたクロス円大暴落の話
・トルコリラショックでロスカットした裏でトラリピは…
マネースクエアHP
マネースクエア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする