TOKYUポイント経由でANAマイルを貯める方法を解説

2019年12月27日で、現在のANAマイル最強法、LINEポイント→メトロポイントというルートが終了いたします。

そこで、LINEルートに変わるルートを紹介したいと思います。

スポンサーリンク

東急ポイント経由でANAマイルを貯める方法

LINEルートに変わるルート、それはTOKYUポイントルートになります。

TOKYUポイントとは?

TOKYUポイント
東急グループをはじめ、TOKYU POINT加盟店で貯まるポイントです。 TOKYU POINT加盟店以外でも、毎月のクレジットカードのご利用や、各種サービスのご登録に応じてTOKYU POINTが貯まります。

東急グループ(109とか)でのショッピングや、東急のクレジットカードを使用すれば貰えるポイントという事です。

必要なクレジットカード

では、東急ポイントが貯まったとして、ANAマイルに換える時に必要なカードは?

東急のクレジットカードであれば何でもOKという訳ではありません。

それは、換金率が違うからです。

以下の東急カードだと、1,000pt→500マイルの換金率です。

その他、JMBの東急カードはJALマイレージバンクと提携しているので1ptもANAマイルに交換する事はできません。

では、換金率の良い東急カードは?

ANA Top&Club Q PASMO マスターカードです。

このカードを持っていたら、1,000東急pt→750ANAマイルに交換する事ができます。

マスターカード以外のブランドを選択すると1,000pt→500ANAマイルの換金率になるので注意!

今だと、ポイントインカムからこのカードを申し込むと、20,000ptが貰えます。

ポイントサイトのポイントインカム

ポイントサイトのポイントをTOKYUルートでANAマイルに

では、この東急カードを所持して、買い物の時にそのカードを使うのが一番ANAマイルが貯まりやすいか?

いいえ(笑)

普通にクレジットカードでのポイントをANAマイルに換えるなら、ANAゴールドカードが一番貯まります。

じゃあ何のためにこのカードを作るのか?

今までのソラチカルートのように、ポイントサイトのポイントをANAマイルに換えるためです。

私は主に、ハピタスのポイントを貯めています。

ネットでショッピング、ネットで宿泊予約、ネットでカードの申し込み…、

ネットでできる事すべてをこのハピタス経由で申し込む事で自然とポイントが貯まっていきます。

例えば、

掃除機が欲しいので楽天で買おうと決めた

ハピタスを経由し楽天市場にログイン

楽天市場で掃除機を購入

楽天ポイントゲット!

さらに!ハピタスポイント1%ゲット!

このサイトを経由する事で、そのサイトのポイントにプラス、ハピタスポイントが貯まっていきます。

その中でも、手っ取り早くハピタスポイントを貯めるには、クレジットカードをハピタス経由で作るのが一番ポイントが貯まりやすいです。

例えば…、

7イレブンのカード、「7カードプラス」。

このカードを今ハピタス経由で申し込みカードが発行されたら、

6,300ハピタスポイントがもらえます。

では、もしハピタスのポイントが10,000pt貯まっていて、それをTOKYUルートでANAマイルに換えるには?

ハピタス
▼ここから登録▼
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 会員数 200万人 
 交換レート 1pt=1円 
 提携サイト  2,000社以上
 交換手数料 無料 

まず第一段階は、ハピタスptをドットマネーに交換します。

ハピタスにログインしたら、トップページから、

ポイント交換をクリック。

ポイント交換先から「ドットマネーギフトコード」をクリックし、

「交換申し込み」をクリック。

10,000ptを選べば、数日後、ドットマネーに10,000ptが移行しています。

二段階目は、ドットマネーをTOKYUポイントに移行します。

ドットマネーのトップページから、

「マネーをつかう」をクリック。

ドットマネーからTOKYUポイントに10,000pt移行。

数日後に、TOKYUポイントに10,000pt反映されます。

3段階目は、TOKYUポイントをANAマイルに交換します。

東急のサイトにログインしたら、「ポイント商品一覧」よりANAマイルを選び、

10,000TOKYUポイント → 7,500ANAマイルに交換

という流れになります。

今までの、ソラチカルート(換金率90%)やLINEルート(換金率81%)と比べると、悪いですが、

陸マイラーにとっては、今現在の最善の方法はこれしか無いので、

まず、今年の12月までは、現在のLINEルートでマイルを貯め、それ以降はこの方法でマイルを貯めて行くしか無いです。

よって、現在のLINEルートで必要な、ToMeカードを12月に解約し、それまでにここで紹介したANA東急カードを作って置くのが得策です。

悪い話ばかりですが、今後もマイルは貯めて行きましょう!

海外渡航の経費削減のため!(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする