旅行記的なやつと訪韓メシ 〜其ノ壱〜

今回は久々に旅行記的な事を書いてみようと、現在パソコンに向かっております(笑)

最近は書かなかったのですが、訪韓客減少と、今後行かれる人に私の行動を少しでも参考になればと思い。

って、旅行記って言っても、ほぼメシの写真ばかりですが(笑)

スポンサーリンク

まず、今回の渡航は久々のセントレアからでした。

しかも珍しく、LCCでの渡航だったので、ラウンジも使えません。

なので、名古屋に住んでた時によく食べに行った店で、渡航前の最後の晩餐をしました。

若鯱家のカレーうどんと味噌カツ丼のセット。

よく、錦で飲んだ後に、シメで食べてました。

久々に食べましたが、やっぱり安定の美味さ\(^o^)/

食い終わったのが1時間前だったので、そこそこ足早にイミグレを追加したんですが、

まさかの搭乗1時間遅れ\(^o^)/

ホント…、こういうの困るんですよ…。

向こうに着いた後の予定がダダ崩れ…。

もうこうなったら、焦っても仕方ないので、リムジンバスでのんびり江南に向かいました。

江南に着き、ホテルにチェックインしてから、即出かけます。

向かったのは、この店(笑)


スッキリした後は、友人3人でサムギョプサルを食べに行きました。

「ケミコギ」という店に。

「ケミ」とは韓国語で「蟻」の意味があるので、訳すと「蟻の肉」になります(笑)

本当に蟻の肉が出てくるのか…と思いきや…、

んなわけありません(笑)

この店は、普通のサムギョプサルももちろんの事、特殊部位が楽しめるお店です。

写真の左は「オギョプサル」、右は「ハンジョンサル」

ハンジョンサルとは、豚の背と首の肉で、これが貴重部位です。

油っぽくなくて美味いです。

付き出し的なものは、ネギキムチとケランチムが出てきました。

あん摩後の食事だったので、こんなもんでは足りません(笑)

肉を追加で頼みます。

これは、「カルメギサル」という、豚のバラ肉の脂のない部分の肉です。

脂がないのであっさりしてて、少しコリコリもして、ビールに合う肉って感じです。

この店は、あん摩密集地帯からも近いので、この辺に行った際にはあん摩後のシメで是非行ってみてください(笑)

※この店の詳細
 名前 ケミコギ(개미고기)
 住所 서울시 강남구 선릉로94길14

肉をたらふく食った後は、以前にも行った事のあるガールズバーへ。

この店は、スペシャルの近くにあるお店なので、タクシーで移動します。

ここでウィスキーをたらふく飲みました。

フルーツも食いました。

フルーツが無くなったら、アガシをつまみに飲みました(笑)

ムチムチした子ばっかりで、つまみにはもってこいです(笑)

特に、私たちの前で、飲んでいた子がムッチャ良い尻をしてて、

この店のママも、「お尻が最高だったから雇った」っていうくらい(笑)

地方から出てきてまだ2週間っていうのも、全くスレてなくて話してても楽しかったです。

そのお尻をチェックしすぎたせいか、次の日に行ったGGへのリクエストに繋がります(笑)

私たちが飲んでいる席の近くに、ファランと韓国アガシのカップルが飲みに来ていたんですが、

韓国ではこういうケースの場合、「弁当を持ち込んだ」と言うらしい(笑)

言い方は間違ってないです(笑)飲食店に食べに来ているのに、コンビニの弁当持ち込んでいるのと一緒ですから(笑)

でもこのファラン達、イマイチどういう形態の店かわかってなく、ただBarに飲みに来たと思っているっぽかったです(笑)

なんだかんだ閉店時間の2時まで、ベロベロになるまで飲み、歩いてホテルへ帰り1日目は終了。

さて、ここまでで日韓関係悪化の影響は?(笑)

まぁ滞在はまだ続くので、次の日に何かあったかもしれないので、乞うご期待(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする