初心者の為のFX用語集

スポンサーリンク

ようやくトラリピらしい動きになってきました。

4月も後2営業日残っていますが、10万の大台まで後12,000円のところまで来ました。

4月日別トラリピ結果
 ユーロ円  ユーロドル  豪ドル円  NZDドル  スワップ
1 3 2,600 1 999 1 800 ▲1,461 5 2,938
2 5 4,784 3 2,560 ▲542 8 6,802
3 5 4,800 ▲457 5 4,343
4 1 800 ▲609 1 191
5 1 800 ▲571 1 229
8 ▲1,692 0 ▲1,692
9 1 800 1 777 ▲601 2 976
10 ▲585 0 ▲585
11 ▲572 0 ▲572
12 6 7,800 ▲597 6 7,203
15 5 5,950 ▲1,744 5 4,206
16 6 7,800 3 2,573 4 4,400 ▲537 13 14,236
17 2 1,600 1 783 ▲595 2 988
18 ▲637 0 ▲637
19 1 800 0 1 800
22 0 0 0
23 2 1,800 2 1,789 2 1,788 ▲2,671 6 2,706
24 6 5,400 2 1,789 12 15,600 ▲706 20 22,080
25 6 5,406 8 8,716 ▲378 14 13,744
26 7 7,400 3 2,600 ▲847 10 9,153
29
30
37 39,200 20 18,114 32 35,110 11 11,287 ▲15,802 100 87,909

やっぱり月を〆て10万まで届かないと寂しいので、最低ラインの10万は死守してほしいものです。

そんなFX自動売買のマネースクエアのトラリピですが、初心者の方には聞きなれない言語が多いので戸惑うかと思います。

今日は少しFX用語について語ってみたいと思います。

FX用語集

スプレッド

この言葉が一番聞くFX用語だと思います。

まず、マネースクエアのトラリピのアプリを開くと、

ドル円で見ると、売りが111.65円で買いが111.67円と値が違います。

この時の本当のレートは、111.66円です。

この売りと買いの値の差を、スプレッドと言います。

他のFX会社も見てみましょう。

私がトルコリラのスワップ投資をしている、トレイダーズ証券のみんなのFXでも、

このように、必ずスプレッドがあります。

図で書くと、このようになります。

このスプレッドは、どのFX会社でもありますが、そのFX会社によって値が違います。

例えば、先ほどのマネースクエアのトラリピは、スプレッドが2銭(2pips)ですが、トレイダーズ証券のみんなのFXは、スプレッドが0.3銭(0.3pips)です。

このスプレッドというものに何の意味があるのかというと、この差がFX会社の儲けになります。

スプレッドが多ければ多いほど、FX会社は得をし、私たちは損をするという図式になるのですが、

正直私はそんなに気にした事はありません(笑)

それよりも手数料の方が重要です(笑)

マネースクエアのトラリピは、手数料無料なので、多少スプレッドが広くても気になりません。

ですが、FXを運用するのであれば必ず必要な言葉という事だけは頭に入れておきましょう。

スワップ

取引を行っている2国間の通貨の金利差を調整するために、その差に基づいて算出される額をスワップと言います。

そのスワップは当然、貰える通貨ペアと払う通貨ペア、売りポジと買いポジで値が違い、FX会社によってスワップ数値は異なります。

例えば、マネースクエアのトラリピであれば、

4/26のスワップは上記のようになります。

スワップは、日によっても違うので、各FX会社のスワップカレンダーで確認するのが一番早いです。

イフダン(IFD)注文

イフダンとは、簡単に言うと、新規の注文と決済の注文が一緒になった物の事を言います。

トラリピの場合なら、

例:1$=110円になったら自動的に買い、111円になったら自動的に売る

これが1つになっているのが、イフダン注文になります。

トラリピと双方する、アイネット証券のループ・イフダンは、”イフダン注文を繰り返す(ループ)”という意味合いがあります。

指値

指値とは、売買する取引レートを指定する方式です。

買いの場合には現在の実勢レートより低い取引レートを、売りの場合には実勢レートより高い取引レートを指定する事を言います。

これとは逆の、「逆指値」とは、買いの場合には現在の実勢レートより高い取引レートを、売りの場合には実勢レートより低い取引レートを指定する事を言います。

例えば、下落チャートに指値で注文する場合は、底値で買い高値で売るという方法になり、逆指値は、チャートの流れに沿って利益を狙うという方法になります。

ロングとショート

これも当たり前のように使う言語です。

簡単に言うと、ロング=買い注文、ショート=売り注文を指します。

何故そう言うか?というと、おそらくこれには日本の低金利が関わっているかと。

今の日本で外資を買ったらスワップ金利がもらえる=長く保つのがセオリー(ロング)

逆に売ったらスワップ金利を払わされる=早く手放すのがセオリー(ショート)

間違ってたらすいません(笑)

ですが、ロング・ショートの意味は合ってますのでご安心を(笑)

レバレッジ

レバレッジとは、テコの原理の”テコ”と言う意味で、レバレッジを効かす事で実際に所有している資金よりも多くの通貨で取引できます。

例)
1$=110円のレートで10,000通貨を買う。
110 × 10,000 = 1,100,000円の資金が必要(レバ1倍

この取引をレバレッジ10倍で取引すると…
110 × (10,000 ÷ 10)= 110,000円で取引する事が可能

このようにレバレッジを有効に使う事で、資金以上に、より多くの取引が可能になります。

証拠金と維持率

証拠金とは、FXを運用するための必要最低限の資金(担保金)の事を指します。

この証拠金に対し、実際の資金がいくらか?でリスクも変わってきます。

その実際所有している資金の時価評価額を表したのが証拠金維持率になります。

証拠金維持率の計算方法

(自己資金 ー 評価損益)÷ 必要証拠金 × 100 = 証拠金維持率

この証拠金維持率は、前途のレバレッジと非常に関係があり、維持率から実質レバレッジを割り出す事ができます。

レバレッジ1倍 証拠金維持率2,500%
レバレッジ2倍 証拠金維持率1,250%
レバレッジ5倍 証拠金維持率500%
レバレッジ10倍 証拠金維持率250%
レバレッジ25倍 証拠金維持率100%

レバレッジと証拠金維持率は、FXを運用するにあたり一番重要な資金管理に直結しているので、必ず頭に入れておく事が重要です。

ロスカット

ロスカットとは、ポジションの損益がある一定レベルに達したときに、更なる損失の拡大を未然に防ぐために、その対象ポジションを強制的に決済する制度のことです。

このロスカットは、前途の証拠金維持率と非常に関係があり、多くのFX会社が証拠金維持率が100%を割った場合、強制ロスカットとなります。

このロスカット・ルールが設けられていないと、預け入れた資産を全額失うばかりか、追加で損金を支払わなければならない事もあります。

つまり、ロスカット・ルールという決済により損失が確定するものの、原則として最低限の資金(必要証拠金)は温存されることになります。

損切り

前途の「ロスカット」は自然と自滅する事ですが、損切りはいわば自ら死を選ぶようなものです。

膨れ上がった損失を、これ以上広げないために手動で決済する事で、少しでも資金を残す事を指します。

裁量トレードでは、読んでいたチャートと逆方向に行った場合など、一旦仕切り直しをする場合にも多く使います。

pips

pipsとは、外資取引を行う際に使われている単位の事を指します。

クロス円の場合は、1pips=0.01円(1銭)で表し、

クロスドルの場合は、1pips=0.0001$で表します。

よって、100円=1$=10,000pips となります。

ロット

よく外資通貨を取り扱う際、1ロット(1Lot)という単位で表します。

基本は1ロット=10万通貨ですが、FX会社によって1ロット=1万通貨で表すところもあります。ってかその方が多い気がします。

ですが、同じFX会社でもペアによって1Lot=1万もあれば10万もあります。

トレイダーズ証券のみんなのFXであれば、トルコリラは1Lot=1万通貨ですが、メキシコペソは1Lot=10万通貨で表します。

以上、簡単ではありますが、初心者が覚えておきたいFX用語集でした^^

運用9ヶ月で120万の利益を得た、マネースクエアのトラリピに興味のある方は、トラリピのサイトマップをご活用ください。

トラリピサイトマップ
マネースクエアのトラリピとは?
・トラリピとは?FX自動売買を始めようと思ってる人必見!
口座開設方法
・マネースクエアの口座開設方法
運用ペアの設定を公開
・月平均57,000円の副収入「ユーロ円」の設定
・月平均46,000円の副収入「ユーロドル」の設定
・月平均44,000円の副収入「豪ドル円」の設定
・月平均00,000円の副収入「NZDドル」の設定
小額から始めるオススメの設定
・小額から始めるトラリピ設定 〜30万編〜
・小額から始めるトラリピ設定 〜50万編〜
運用するための成功理論や注意点
・攻めの運用で不労所得を得よ!
・守りの運用でリスク回避せよ!
・初心者の為のFX用語集
トラリピ事件簿
・今更だけど1/3に起きたクロス円大暴落の話
マネースクエアHP
マネースクエア

資産運用アカウントを作りました。フォローしていただけると嬉しいです^^

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする