マイル攻略法

ANAマイルをソラチカルートで貯めている人はご承知の通り、

今月末でほぼ全てのポイントサイト→メトロポイントのルートが無くなります。

スポンサーリンク

今考えられる代わりのルート「新ソラチカルート」を今日は紹介したいと思います。

新ソラチカルート 〜LINEポイント経由〜

今現在のANAマイル最強ルート「ソラチカルート」は、

ハピタス→Pex→メトロポイント→ANAマイルの換金率が90%

最終的にハピタス100ポイントがANAマイル90マイルに変わるルートですが、

この新ソラチカルートは、LINEポイントを経由してメトロポイント→ANAマイルに交換 します。

日本人なら、ほぼ誰でもLINEアプリを使っているかと思いますが、

LINEポイントってあまり聞き覚えがないのではないでしょうか?

まず、スマホでLINEを開きます。

次に「ウォレット」を開きます。

その項目の中に「LINEポイント」という項目があります。

開いてみると…、

交換先に「メトロポイント」が確認できます。

メトロポイントをクリックすると、

このような画面が出てきます。

見たらわかる通り、300LINEポイント=270メトロポイントに交換する事ができます。

LINE→メトロの換金率が90%って事になります。

1回の交換の限度が、1,000LINEポイント。

ですが、月の限度はありません。

ただ、ポイントが反映するまで約25日かかる

今までのソラチカルートと同じくらい、メトロポイントに反映する時間がかかるという事です。

メトロポイントに反映したら、今までのソラチカルートと同じで、

100メトロポイント→90ANAマイル

結論、LINEポイント経由のソラチカルートの換金率は…、

81% という事になります。

今までのソラチカルートよりも9%少ないですが、十分ではないでしょうか?

実は、このルート、私は今まで使った事があります。

他のポイントをANAマイルに換える時に。

それは、後ほど出てくるので、今は置いといて…、

問題は、ハピタスのポイントがLINEポイントに行き着くのか?って事だと思います。

はい。行き着きます。

ここからは、初めてソラチカルートでANAマイルを貯める人にもわかりやすく、

順を追って記していきます。

必須なクレジットカード

当たり前ですが、クレジットカードが無いとこのルートを使いこなす事ができません。

まず、必ず必要なカード、

To Me カード

To Me カード 。通称「ソラチカカード」です

カードの説明はあえて省きます。

これが絶対必要という事を頭に入れてください。

東京メトロが発行しているカードは数種類ありますが、どれでも良い訳ではないので注意!JCBのカードでないと換金率が変ります。

そして、もう一つこの新ルートで必須なカードがあります。

それは、

三井住友VISAカード

もちろん、ANAマイルを貯めるんだからANAのマイレージカードは必要です。

なので、このカード…、

って事ではありません。

三井住友VISA のANAカードが必要です。

中には、長年JCBのANAカードを使ってる…って人もいるかと思います。

そういう方は、ANAカードでなくても良いので、三井住友VISAのカードをご用意ください。

今回のLINEポイントは、三井住友VISAのポイントが鍵になってきます。

※ここからカード作成で更にマイルが貯まるチャンス!

▼必要なカード▼

To Me カードのJCBバージョン

三井住友VISAカード

ハピタスポイントを貯める

マイルを貯める前に、必要なカードを作ったら、次の段階です。

手っ取り早くマイルを貯めようと思ったら…、

ハピタスポイントを貯めるのが一番早くマイルが貯まります

ハピタスとは?
▼ここから登録▼
その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 会員数 200万人 
 交換レート 1pt=1円 
 提携サイト  2,000社以上
 交換手数料 無料 

旧ソラチカルートを熟知している方は、よーく知っていると思いますが、

初めて知る人もいるかもしれないので、今一度説明します。

ネットでショッピング、ネットで宿泊予約、ネットでカードの申し込み…、

ネットでできる事すべてをこのハピタス経由で申し込む事で自然とポイントが貯まっていきます。

例えば、

掃除機が欲しいので楽天で買おうと決めた

ハピタスを経由し楽天市場にログイン

楽天市場で掃除機を購入

楽天ポイントゲット!

さらに!ハピタスポイント1%ゲット!

このサイトを経由する事で、そのサイトのポイントにプラス、ハピタスポイントが貯まっていきます。

※ここから登録で最高500Pゲット!↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

かと言って、数万円の買い物をちまちま貯めていてもなかなか貯まりません。

ちなみに楽天の換金率が1%なら、10,000円の買い物をしても…、

100ハピタスポイント。

それをANAマイルに換えても、たったの81マイルにしかならないからです。

ですが、簡単にハピタスポイントを貯める方法があります。

それは…、

ハピタス経由でクレジットカードを作る です。

例えば…、

7イレブンのカード、「7カードプラス」。

このカードを今ハピタス経由で申し込みカードが発行されたら、

6,300ハピタスポイントがもらえます。

それを、これから記するルートでLINEポイントに換え、ANAマイルまで到達すれば、

5,103ANAマイルが手に入ります!

この、5,103マイルを貯めるのに普通はどうすれば貯まるのか?

ピンときてない方のために記しますと…、

カード使用で貯めるなら、513,000円使用しないと貯まりません。

搭乗マイルで貯めようと思えば、エコノミーで東南アジアの国を往復してもこれに届きません。

要は、簡単に書いていますが、約5,000マイル貯めようと思ったら結構大変だって事です。

それが、ハピタス経由でカードを申し込むだけで貰えるんです。

コストは、このカードは年会費無料なので1円もかかりません。

他にも年会費無料で、高額ポイントが給付されるカードもあります。

毎日このハピタスをチェックする事がANAマイル富豪への近道です。

※ここから登録で最高500Pゲット!↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

▼ここまでのおさらい▼

To Me JCBカードと三井住友VISAカードを作る
ハピタスに登録する
ハピタス経由で高額案件のクレジットカードを申し込む
カードを受け取り他条件ありの場合クリアでポイント給付

ハピタスポイントをPexポイントに移行

ハピタスにポイントが反映されたら、次の段階へ行きます。

同じポイントサイトの、Pexというサイトにポイントを移行します。

※Pexのサイト↓

ここから具体的な話で説明していきます。その方がわかりやすいので。

まず、ハピタスポイントが10,000ポイント貯まったとします。

それをPexポイントに交換。

Pexポイントは10倍になるので、100,000Pexポイントが反映します。

決して価値が10倍になるわけではありません。価値は同じです。

そのPexポイントを、次のポイントに移行します。

ちなみに、Pexのポイントをストレートにマイルに交換できるルートもあります。

それもANAのみならず、JALやデルタや…。

ですが、見ての通りクソみたいな換金率です。

よほど急いでいないなら、オススメしないルートです。

ここは素直に次に進みましょう。

▼ここまでのおさらい▼

To Me JCBカードと三井住友VISAカードを作る
ハピタスに登録する
ハピタス経由で高額案件のクレジットカードを申し込む
カードを受け取り他条件ありの場合クリアでpt給付
ハピタスptをPexに移行する

Pexポイントをワールドプレゼントに移行

Pexにポイントが反映したら次へ。

次はワールドプレゼントというポイントに移行します。

まず、このワールドプレゼントとは…、

三井住友VISAのポイントです。

なので、先ほど説明した三井住友VISAカードは必須になるわけです。

※ここからカード作成で更にマイルが貯まるチャンス!

三井住友VISAカードが発行された時点で、すでにこのワールドプレセントの会員になっているので、

ハピタスptから移行したPexの100,000ポイントをワールドプレゼントに移行します。

勘違いして、横のLINEポイントに移行しないように!

ここでLINEポイントに移行したら…、

10,000ハピタスP → 100,000Pex → 6,600LINE → 5,940メトロ → 5,346ANAマイル

と、せっかく貯めたハピタスポイントが約半分のANAマイルにしか反映しないので、ここではLINEポイントに交換しない事。

ここではあくまで、ワールドプレゼントに交換です。

ここで、ワールドプレゼントに交換すると…、

100,000Pex → 2,000ワールドプレゼント

になります。

何かすっごく少なくなった気がしますが、全く価値は変わっていません。ご心配なく。

※ここからカード作成で更にマイルが貯まるチャンス!

▼ここまでのおさらい▼

To Me JCBカードと三井住友VISAカードを作る
ハピタスに登録する
ハピタス経由で高額案件のクレジットカードを申し込む
カードを受け取り他条件ありの場合クリアでpt給付
ハピタスptをPexに移行する
Pexのptをワールドプレゼントに移行

ワールドプレゼントをGポイントに移行

次も、またまた移行します。

今度はGポイントというサイトです。

まずは、三井住友VISAのHPにログイン。

※三井住友VISAのHPは↓

ログインし、トップページから

「ポイントを確認・交換する」をクリック。

次のページで「ポイントを使う」をクリックし、

下にスクロールすると、

Gポイントをクリック。

次のページでポイントが確認できます。

1ポイント=5Gポイント

って事は、

2,000ワールドプレゼント → 10,000Gポイント となります。

▼ここまでのおさらい▼

To Me JCBカードと三井住友VISAカードを作る
ハピタスに登録する
ハピタス経由で高額案件のクレジットカードを申し込む
カードを受け取り他条件ありの場合クリアでpt給付
ハピタスptをPexに移行する
Pexのptをワールドプレゼントに移行
ワールドプレゼントをGポイントに移行

GポイントをLINEポイントに移行

ここまで来たら後少しです。

Gポイントに反映されたら、次はいよいよLINEポイントに交換です。

※GポイントのHP↓

ログインしたら、トップページの右上の「ポイント交換」をクリック。

次のページで、「LINEポイントに交換」が確認できるかと思います。

ココをクリックすると、

こんなコメントが書いてあります。

要は、5%の手数料がかかる というわけです。

せっかく貯めたポイント、たとえ5%でも勿体無いですよね。

そこで、手数料を無料にしちゃいましょう。

HPに手数料還元のやり方が載っています。

手数料を無料にするにはいろんな手段がありますが、

口コミ投稿が無駄も無く一番良いと思います。

外食したら、食べログホットペッパーに口コミを投稿しましょう。

たったこれだけで交換時にかかった5%が戻ってきます。

そして、LINEポイントに反映したらメトロポイント→ANAマイルで、

ハピタスポイント10,000ポイント → 8,100ANAマイル交換完了です。

▼最終形▼

To Me JCBカードと三井住友VISAカードを作る
ハピタスに登録する
ハピタス経由で高額案件のクレジットカードを申し込む
カードを受け取り他条件ありの場合クリアでpt給付
ハピタスptをPexに移行する
Pexのptをワールドプレゼントに移行
ワールドプレゼントをGポイントに移行
GポイントをLINEポイントに移行
Gポイントの手数料を戻す為に口コミ投稿
LINEポイントからメトロポイントへ移行
メトロポイントをANAマイルへ移行

旧ソラチカルートと比べると、少し複雑かもしれませんが、

2018年4月から考えられるルートの中で、今はこれが最強のルートだと思います。

なので、マイル富豪になりたい方は、面倒臭がらずコツコツやるのがマイル富豪への近道です。

そのためには、いかにハピタスポイントが重要か?ということがお分かりいただけたかと思います。

※ここから登録で最高500Pゲット!↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

もう一つのポイントサイト「ちょびリッチ」は?

ハピタスポイントは今までの説明でお分かりいただけたと思いますが、

もう一つの高額ポイントサイト「ちょビリッチ」は?

ちょびリッチとは?
▼ここから登録▼
サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

 会員数 330万人 
 交換レート 1pt=0.5円 
 提携サイト  500社以上
 交換手数料 無料 

以前にこんな記事を書きました。

このルートは、ハピタスにも負けず劣らずマイルが貯まるルートです。

しかも、同じ案件で(例えば同じカードとか)、ハピタスよりもちょびリッチの方が高額ポイントという事もあります。

なので、ハピタス一辺倒にならずにちょびリッチのポイントもANAマイルに換えるルートを確保しておきたいところです。

これまでのちょびリッチポイントは、同じポイントサイトの「ドットマネー」を経由しメトロポイントに換える事でハピタスと同じ、

100ちょびポイント→90ANAマイル

に換える事ができました。

ですがご承知の通り、ドットマネー経由メトロポイントも2018年3月31日で終了です。

ですが、これからちょビリッチポイントを換えるのは、ドットマネーではなく、

4月1日よりGポイントに直接交換できるようになりました

なのでハピタスと同じように、100ポイント→81ANAマイルに換える事ができます

しかも、今なら2%増量中です(2018年4月現在)

Gポイントへ交換方法は至って簡単。

ちょびリッチのトップページから、右上の「ポイント交換所」をクリック。

次のページで下にスクロールし、「ポイント・マイルに交換する」の、

Gポイントの「交換申込へ」をクリックすれば交換できます。

ちなみに、1,000ちょびP=500Gポイントと、価値が半分になるし損じゃん!って思われるかもしれませんが、

ハピタスは100P=100円の価値ですが、ちょびPは200P=100円の価値なので、何も損はありません。

なので、ちょびリッチでも今後も新ソラチカルートでANAマイルを貯める事ができます

ちょびリッチは、ハピタスに無い案件もありますし、ハピタスよりも高額還元の案件も出たりします(逆も然り)

2つのポイントサイトを上手に使えば、マイル富豪になるものそんなに時間はかからないでしょう。

※ここから登録で月末までに1P以上獲得で500Pプレゼント!サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

▼ちょびリッチの場合▼

To Me JCBカードと三井住友VISAカードを作る
ちょびリッチに登録する
ちょびリッチ経由で高額案件のクレジットカードを申し込む
カードを受け取り他条件ありの場合クリアでpt給付
ちょびptをGポイントに移行する
GポイントをLINEポイントに移行する
Gポイントの手数料を戻す為に口コミ投稿
LINEポイントをメトロポイントに移行
メトロポイントをANAマイルに移行

その他マイルの貯め方

ここまではいわば「裏技」のような方法を記して来ましたが、

基本マイルとは、その航空会社のクレカを使って買い物をしたり、その航空会社を利用することで搭乗マイルが貯まったりというのが本来のマイルの貯め方です。

では、この裏技を駆使すれば、それは無視していいのか?

絶対無視してはいけません。

マイルは日々の生活の中で、そこら中に転がっていると考えてください。

「基本忘れるべからず」です。

普段使いのクレカ選び

2017年の年末にこんな記事を書きました。


ここでのマイルの内訳は、

カード利用 51,938マイル

搭乗マイル 39,007マイル

ボーナスマイル 6,500マイル

ソラチカルート 189,000マイル

メンバーシップリワードより移行 80,000マイル

楽天ポイントより移行 32,000マイル

去年貯めた約40万マイルの内、カード利用で貯めたマイルは13%と、全く大した事ないじゃんって思われるかもしれません。

ですが、ここに先ほど述べた裏技プラスαになると考えてください。

これはあくまで「伸びしろ」なんです。

まず、今では大体の所で買い物をカードでできる時代になりました(まだ飲食は日本は遅れているが…)

日々の生活費をカードで支払う事で、それが必然的にマイルに変わるなら、カードを使わない手はありません。

では、ANAのマイルが貯まるカードなら何でもいいのか?

私がオススメするのは、先ほども出て来ましたが、

「三井住友VISA ANAゴールドカード」です。

※ここからカード作成で更にマイルが貯まるチャンス!

何故、三井住友VISAを推すか?

ここで記します。

ANAカードを使う時点で、100円=1ANAマイルが自動で貯まるのはご存知だと思いますが、

三井住友VISAのANAカードは、それとは別に、

年間に使ったカードの料金によってボーナスマイルが給付されます。

HPではこのように出ていますが、

具体的には、

例えば、私のように年間300万以上使う人の場合、

ボーナスポイントが年間に1,800ポイント以上貯まります。

※ちなみにここまで説明した三井住友VISAのポイントはこのワールドプレゼントのボーナスポイントに反映します。

それを先ほど説明したGポイント経由でANAマイルに交換すれば、

1,800ワールドプレゼント → 9,000Gポイント → 9,000LINE → 8,100メトロ →7,290ANAマイル

獲得できます。

通常のカード使用料で貯まるANAマイル以外でです。

なので普段使いのカードも、三井住友VISAのANAカードがおすすめなんです。

ここでもLINEポイント経由が使えるんです。

ちなみに、このワールドプレゼントのボーナスポイントは、

直でANAマイルに換える事もできますが、

LINEルートなら1ポイント=4.05マイルなので、

1ポイント=3マイル だとかなり損です。

なので、ここはあえて遠回りし、Gポイントに交換するのが得策です。

このルートは、私は以前から利用していました。

年間に500万使う私には、神のようなルートです。

※ここからカード作成で更にマイルが貯まるチャンス!

これからの電子マネーはLINE Pay!

日々の生活の中で、少額の買い物をした時、

(カード出すまでもないしな…)

って時ありますよね?

そんな時は、小銭を出してまた小銭でお釣りをもらって…って、私個人は一番嫌いなやりとりです(笑)

そこで、活躍するのが「電子マネー」

有名なもので言えば、楽天EdyやWaonなどがありますが、

では、ANAマイルを貯めるならどの電子マネーがいいか?

楽天Edyでシャリーン!

No!No!No!

楽天Edyは、200円で1マイルしかつかないので却下!

では、

Waonでワオーン!

No!No!No!

イオンで良く買い物するのでWaon推しって方は、JALのマイル貯めてください(笑)

では、ANAマイルを貯めるのに一番適している電子マネーとは?

LINE Pay です。

ここでもまた出て来ました。LINEが…。

では、このLINE Payとはどういう物か??

買い物をする際に、LINE Payでお支払いした場合、

100円=2LINEポイントが貯まるという優れものなのです。
※あくまで2018年4月現在の資料です。

かなり高い交換率なのはお分かりかと思いますが、

(使える店が限られてるんじゃ)と思いますよね?

ご心配なく!

LINEのHPに、

国内外のJCB加盟店約3,300店舗で利用できると書いてあります。

実際、国内でも、

電子マネーをよく利用するコンビニも、

7イレブン・ファミマ(サークルKサンクス)・ローソン・ミニストップ…、

ほぼどこでも使えます。

なのに、換金率は他の電子マネーの群を抜いている…。

では実際、LINE Payで買い物をした時の実証見聞をしてみましょう。

コンビニで、タバコ1カートンと飲み物・お菓子を買って5,000円をLINE Payで支払いました。

5,000 × 2% = 100LINEポイントが貯まります。

それを、メトロポイントに移行。

100LINE × 90% = 90メトロ

それをANAマイルに移行。

90メトロ × 90% = 81ANAマイル。

何と!

5,000円利用で81マイルも貯まるじゃないですか!?

驚異の16.2%の還元率!

もしこの買い物を楽天Edyでしていたら、25マイルしか貯まりません。

他の電子マネーと比べると…、3.24倍!

これからは、コンビニでの買い物や、1万円以下の買い物はLINE Payでする事をオススメします。

私も今までは使ってなかったので、早速作ってみました。

まず、LINEのアプリを開きます。

ウォレット → LINE Pay をクリック。

「はじめる」をクリック。

次に「新規登録」と出てくるので、

「すべてに合意」 → 「新規登録」

次の画面で、

「LINE Payカードの利用開始手続き」をクリック。

「カードを申し込む」をクリック。

すると、カードのデザインを選ぶ画面になるので、

スクロールして、好きなデザインを選び

「次へ」をクリック。

個人情報を記入し、

最後まで入力したら終了です。

あとはカードが届くのを待つのみです。

ちなみに、チャージのやり方は以下の通り。

これをカードと並行しながら使っていけば、マイル富豪へ近ずく事間違いなしです。

このLINEPayの100円=2Pは2018年5月31日で終了しました。電子マネーの他のマイル攻略法が見つかり次第、随時追記して行きます。

次回は、実践編を記したいと思います。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする