スワップ投資 〜毎月チビチビと積み立てております〜

去年から本格的に資産運用を始めた私ですが、運用しているのはマネースクエアのトラリピだけではありません。

この投資も去年の4月から始めました。

スワップ投資




スワップ金利とは?

スワップとは日本語で「交換する」という意味です。

FXの世界であれば、日本円と外資を交換する事をスワップと言います。

日本円を外資に交換した場合、資産は日本から海外の資産になりますよね?

その外資の資産に対して付く金利の事をスワップ金利と言います。

その金利とは、その国が定めている政策金利によって、様々です。

主な国の政策金利(2019年3月現在)
 国名  政策金利
 日本 0.10%
アメリカ 2.50%
 欧州 0.00%
イギリス 0.75%
カナダ 1.75%
豪州 1.50%
NZ 1.75%
スイス ▲1.25%
中国 4.35%
香港 2.75%
韓国 1.75%
南ア 6.75%
トルコ 24.00%
メキシコ 8.25%

ここに載ってない国で金利が高い国として、南米のアルゼンチンは60%もの政策金利を掲げています。

じゃあ、アルゼンチンの通貨を買えば大儲けできるんじゃ?と思うかもしれませんが、現在日本とアルゼンチンとでは通貨スワップは行われておらず、日本の取引所では買う事は出来ません。

なので、いくら金利が高くても国が認めていない通貨は買うことはできないと言う事です。

ちなみに、お隣の韓国も2015年から通貨スワップは停止しています。

上記の中でいうと、金利の安い国(日本や欧州など)の通貨を銀行に預けておいても一向にお金は増えないので、外資に変え金利をもらうというのが「スワップ投資」です。

キャピタルゲインとインカムゲイン

この投資の目的は、為替変動での収益を目的としていない、一定の収益目当ての投資です。

このような投資の事をインカムゲインと言います。

インカムゲインとは?
資産運用に際して、ある資産を保有することで安定的・継続的に受け取ることのできる現金収入のことを指します。銀行預金や利付債券の受取利息、投資信託の収益分配金がそれに該当します。不動産投資の場合は家賃収入です。株式投資の場合、株主が企業から受け取る配当金がインカムゲインとなります。

私が主に運用しているトラリピや、裁量トレードなんかは、キャピタルゲインにあたります。

キャピタルゲインとは?
保有していた資産の値段が変動することによって得られる収益のことを指します。この場合の資産とは土地、建物、絵画、ゴルフ会員権、貴金属など幅広いもので、株式や債券などの有価証券も含まれます。一般的に価格が変動するものを安く購入して、高くなった時に売却して得られる値上がり益がキャピタルゲインです。

一番バランスの良い資産運用方法とは、キャピタルゲインばかりに偏らない運用方法が一番です。

キャピタルゲインはいわば、蓋を開けてみないと結果はわかりません。ですが、インカムゲインはよほどの事がない限り、結果は読めるという特徴があります。

そして、このスワップ投資はインカムゲイン投資に当てはまります。

高金利通貨狙いでの投資

ここでの狙いは、法定通貨の中の高金利通貨に投資し、毎日スワップを受け取る事が狙いになってきます。

そこでこの投資で人気のある通貨が、トルコリラ・南アフリカランド・メキシコペソの3つになります。

中でのトルコリラは突出していますが、南アフリカランドやメキシコペソもスワップ金利は高推移です。

それに次いで、豪ドル・米ドル・NSDなどが人気です。

具体的な投資方法

この投資は、前途にも記したように、スワップ金利を受け取るのが目的です。

そして、この投資の大きなポイントは、レバレッジを効かせて投資できるという点です。

どういう事か?というと、

例:現金が手元に20万ある

米ドルが1$=100円の時にこの資金で米ドルを買おうと思うと、2,000通貨しか買えない。

これを、20万で4,000通貨買えるのが、レバレッジを効かせた投資

この場合だと、レバレッジ2倍で投資した事になります。

一般的に、個人口座のレバレッジの最高が25倍まで効かれるので、このケースだと20万で最高50,000通貨まで買える事になります。

ですが、このレバレッジというのが厄介で、仮に先ほどのレバレッジ2倍で投資した場合、

1$50円になったら強制的にロスカットとなります。

そうなると、必要証拠金のみ口座に残り、後は水の泡と消えます。

なので、この投資をする場合、数百万もの資金を一気に投資する人は少ないです。

少しづつ少しづつ積み立てて、できるだけ平均的な数字になるように投資します。

この方法を、ドルコスト平均法と言います。

図にすると…、

このように運用すると、急な下落が来ても平均的な数値で口座を維持しているのでロスカットにもあいにくいという特徴があります。

この投資で失敗するパターンは、一気に投資する人が失敗している傾向があります。

なので、ドルコスト法での投資がオススメです。

シュミレーション

では、実際この投資をして、どのくらいの益を得れるか?

シュミレーションするのは、トルコリラでスワップ数値は筆者が実際に運用しているトレイダーズ証券のみんなのFXのスワップ金利で計算しました。

投資方法は1ヶ月にレバレッジ2倍で10,000通貨(1Lot)、スワップが貯まったら複利運用で再投資するという方法です。

TRY積立表(1年目)
年月 TRY JPY スワップ スワップ計
19/4
10,000TRY
¥100,000
¥0
¥0
19/5
20,000TRY
¥200,000
¥3.600
¥3,600
19/6
30,000TRY
¥300,000
¥7,200
¥10,800
19/7
41,000TRY
¥400,000
¥10,800
¥10,900
19/8
52,000TRY
¥500,000
¥14,760
¥25,660
19/9
64,000TRY
¥600,000
¥18,720
¥22,980
19/10
76,000TRY
¥700,000
¥23,040
¥24,620
19/11
88,000TRY
¥800,000
¥27,360
¥30,220
19/12
100,000TRY
¥900,000
¥31,680
¥40,500
20/1
103,000TRY
¥1,000,000
¥36,000
¥44,400
20/2
117,000TRY
¥1,100,000
¥37,080
¥38,680
20/3
130,000TRY
¥1,200,000
¥42,120
¥48,700
TRY積立表(2年目)
年月 TRY JPY スワップ スワップ計
20/4
144,000TRY
¥1,300,000
¥46,800
¥52,700
20/5
158,000TRY
¥1,400,000
¥51,840
¥61,740
20/6
173,000TRY
¥1,500,000
¥56,880
¥65,120
20/7
189,000TRY
¥1,600,000
¥62,280
¥63,200
20/8
204,000TRY
¥1,700,000
¥68,040
¥77,740
20/9
221,000TRY
¥1,800,000
¥73,440
¥76,280
20/10
238,000TRY
¥1,900,000
¥79,560
¥80,940
20/11
255,000TRY
¥2,000,000
¥85,680
¥91,720
20/12
273,000TRY
¥2,100,000
¥91,800
¥97,920
21/1
292,000TRY
¥2,200,000
¥98,280
¥99,900
21/2
311,000TRY
¥2,300,000
¥105,120
¥108,720
21/3
331,000TRY
¥2,400,000
¥111,960
¥113,680

トルコリラが1TRY=20円で推移すると仮定して、10,000通貨保有するのに必要な日本円は、レバレッジ2倍で10万円です。

トレイダーズ証券のみんなのFXは、1Lot保有で一日122円のスワップが受け取れます。

スワップが10,000円貯まったら、そのスワップで1,000TRY買い増していくと…、

2年後には、月113,000円のスワップが受け取れる事になります。

元金が240万なので、月利4.7%、年利56%というとんでもない数値が出ました。

現在の日本では考えられない金額です(笑)

このシュミレーションはトルコリラでシュミレーションしましたが、ここまででなくても南アフリカランドやメキシコペソもかなりの数値が出ると思います。

リスクが高い通貨だと理解する

ここまではプラスの材料ばかり集めましたが、当然リスクもあります。

まず、トルコリラの月足のチャートを見てみましょう。

2015年以降、綺麗な右肩下がりです(笑)

仮に1TRY=50円の時に、レバレッジ2倍で運用していた人は、現段階ではロスカットを喰らっている事になります。

では、南アフリカランドも見てみましょう。

ランドは、トレイダーズ証券のみんなのFXでのスワップは、10Lot/1日=150円のスワップが受け取れます。

今のレートが、1ZAR=7.63なので、レバ1倍なら763,000円分保有で1日150円、レバ2倍なら約40万で1日150円のスワップが受け取れる通貨です。

トルコリラほどではないですが、ひどいです(笑)

メキシコペソも載せときます。

この通貨は、トレイダーズ証券のみんなのFXで、10Lot/1日=130円のスワップが受け取れます。

今のレートが、1MXN=5.693なので、レバ1倍なら600,000円分保有で1日130円、レバ2倍なら約30万で1日130円のスワップが受け取れる通貨です。

メキシコペソは、上記の2ペアと比べて通貨スワップの歴史は短いですが、

2015年以降は下がってます。

ただ、2016年10月くらいからはレンジ相場になってるので、近年は安定している通貨だと言えます。

お分かりいただけたでしょうか?

スワップが高いのは、理由があるんです(笑)

なので、このインカムゲイン投資は、一気に益を得ようとは思わず、コツコツ積み立てで運用する事により、数年後の景色が変わってくる事間違いないです。

現在の口座を公表

私は現在、法人と個人口座を持っています。

そして両方でトルコリラを保有しています。

両方の口座共に、トレイダーズ証券のみんなのFXで口座開設しました。

これは法人口座です。

法人口座
運用資産 248,000円
保有数 22,000TRY
含み損益 ▲8,369
スワップ 14,963
証拠金維持率 1,909%

この口座は、去年の12月から積み立てています。

4ヶ月で得たスワップは、約15,000円、今後も淡々と積み立てていきます。

これは個人口座です。

個人口座
運用資産 249,000円
保有数 23,000TRY
含み損益 ▲88,662
スワップ 63,767
証拠金維持率 1,226%

こっちの口座は、去年の5月から積み立てて、8月で一旦積み立てをやめましたが、今月トルコリラが下がってたので、1Lot買い増ししました。

去年の8月といえば、トリコリラショックがあった月ですが、レバ2倍を守って運用していたため、何とか生き残りました(笑)

ただこの口座は、含み損が解消された時に、清算するつもりです。

…にしても、11ヶ月放置しているだけで63,000円ものスワップを受け取れるって…、すごい通貨です(笑)

オススメのFX会社

では、もしトルコリラやランド・ペソなどの新興国通貨を積み立てるならどの会社がいいか?

ポイントとなってくるのが、「スワップ金利」「スプレット」「最小取引額」「未決済スワップに税金の有無」「最大レバレッジ」がポイントになってきます。

スプレットとは、簡単に言うと買いと売りの差額です。

最小取引額は少なければ少ないほど良いと考えています。

「未決済スワップにかかる税金の有無」は、もし年間に100万ものスワップを受け取っていたとして、それを口座から引き出さなかったら税金がかかるか?の有無です。これはスワップ投資する上で結構重要になってきます。

それらの項目を主なFX会社で、トルコリラで表にしたのがこちらです。

みんなのFX 岡三オンラインFX サクソバンク
スワップ(1Lot/日) 120円 128円 137円
スプレット 0.17円 0.49円 0.39円
最小取引額 1,000通貨 10,000通貨 5,000通貨
未決済税金 ×
最大レバレッジ 25倍 25倍 9倍

まず、トレイダーズ証券のみんなのFXは、スプレットが原則1.7銭固定と、業界一の推移を保っています。

未解決のスワップに税金もかからないし、これと言った穴が見当たりません。

他の2社は、スワップ金利はみんなのFXに優ってはいるものの、最低取引通貨量も大きいですし、スプレッドも広い、サクソバンクに至ってはレバ9倍なので、証拠金も多くなります。

以上を加味すると、トレイダーズ証券のみんなのFXがオススメです。

今なら最大5万円キャッシュバックやってます^^

トレイダーズ証券[みんなのFX]

複数通貨を運用する時の注意点

私も今はトルコリラのみ運用していますが、後々はランドかペソ、もしくは豪ドルあたりも運用したいと思っていますが、

複数通貨を運用するにあたり、注意点があります。

それは、同じ口座で複数通貨を運用しない事です。

これには、スワップ投資において起きやすい「巻き込みロスカット」を防ぐためです。

巻き込みロスカットとは?

例えば、同じ口座でトルコリラとメキシコペソを運用しているとします。

どの通貨にどれだけ投資しても、口座は一つなので資金自体は合算で計算されます。

そうすると、仮にメキシコペソはいい感じで推移してても、トルコリラの大暴落でメキシコペソまでロスカットを喰らってしまうという事があり得るんです。

なので、複数通貨を運用する場合は、必ず口座を分けて運用する事が鉄則です。

そこで、前途で紹介したトレイダーズ証券のみんなのFXなんですが、同じトレイダーズ証券にもう一つ、LIGHT FXという会社があります。

スワップ金利等の詳細は、ほぼみんなのFXと同じなので、

みんなのFX → トルコリラ
LIGHT FX → メキシコペソ

という感じで、口座を分けて運用した方がいいです。

トレイダーズ証券【LIGHT FX】

最強のスワップ投資方法

これまでの説明で、マネースクエアのトラリピのような運用とは違う事はお解りいただけたと思いますが、

コツコツ積み立てするよりも、もっと良い投資方法。

それは、キャピタルゲインで得た利益でインカムゲイン投資です。

現在、私が運用しているキャピタルゲインはトラリピが主として運用しています。

そのトラリピで現在のように、月に15万の利益を得たらそれをスワップ運用に回す事が、最強の複利運用です。

私も早くそうやって運用したいのですが、まずはトラリピを盤石にしてからと考えているので、もう少し時間がかかりそうですが、最終形は、

トラリピの利益 → インカムゲイン投資

にしていこうと思っています。

トレイダーズ証券の2つの口座開設は無料で開設できます!

トレイダーズ証券[みんなのFX]
トレイダーズ証券【LIGHT FX】

資産運用アカウントを作りました。フォローしていただけると嬉しいです^^

スポンサーリンク