月平均44,000円の不労所得を得ているトラリピ「豪ドル円」の設定公開




月に平均44,000円の副収入を得れている、マネースクエアのトラリピの「豪ドル円」の設定を公開します。

トラリピ「豪ドル円」の設定

まずは現在の状況です。

含み損が▲161,200円と、運用しているペアの中では一番少ない額になっています。

2019年3月までの結果

月に平均44,000円の副収入を得れているユーロ円の、現在までの9ヶ月の結果です。

約定数 収益 月末含み損 増えた含み損
18/7 14 14,200 ▲9,980
18/8 41 45,650 ▲60,980 +51,000
18/9 37 41,300 ▲67,480 +6,500
18/10 38 40,400 ▲61,400 ▲6,080
18/11 45 44,160 ▲124,780 +63,380
18/12 68 69,080
2019年
19/1 69 71,200 ▲147,880 +23,100
19/2 41 39,200 ▲139,240 ▲8,640
19/3 26 26,000 ▲161,200 +21,960
379 391,160

月平均で約44,000円の副収入を叩き出しています。

含み損も徐々には増えていっていますが、それ以上に収益が上回っているので、全く問題ありません。

月を〆て、《月合計の収益》 > 《増えた含み損》 というペアは非常に優秀です。

豪ドル円ペアは、9ヶ月中6ヶ月が上回っています。非常に優秀なペアです。

そして、このペアの特徴は、現在運用しているペアの中で一番リスクが低いです。

現在のレートは、1AUD=78円台で推移しているので、同じクロス円ペアのユーロ円と比べても、

1,000通貨で見ると、38%も安く買えるという事になります。

すなわち、証拠金もそれに準じて安くなるという事です。

現在の設定

私は、トラリピ戦略として、「中間両建てハーフ」という戦略で運用しています。

この戦略がよくわからないという方は、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事:トラリピ「攻めの運用」で不労所得を得よ!

では、現在の設定です。

AUD/JYP設定
買い 売り
自己資金 1,200,000円
レンジ 70〜85円 77〜85
トラップ幅 10pips(0.1円) 10pips(0.1円)
トラップ数 150 80
1回の利益 800円(トレール有) 800円(トレール有)
必要証拠金 320,200円 259,040円
全ポジ成立時評価損 ▲495,000 ▲316,000

運用当初は、買:77〜85円(0.2円間隔)売:79〜87円(0.2円間隔)で運用をはじめましたが、

今年に入り下落し、上記のような設定になっています。

今後さらに下落したとしても、売りでは77円以下は追いかけません。

その理由はこの記事で語っています。

関連記事:トラリピ「守りの運用」でリスク回避せよ!

買いに関しては、70円以下になっても資金が続く限り追いかけます。

仮に少額で運用する場合、トラップの幅を40pips(0.4円間隔)くらいで運用する事をおすすめします。

設定方法

ここで設定方法を紹介します。

まず、マネースクエアのHPから、FXトレード画面にログインします。

トップページの左上にある、「らくトラ」をクリック。

次の画面では、このような画面が出てきます。

ここで、筆者の設定であれば、買いレンジが「70〜85円」なので、上限85/下限70になるのですが、

らくトラで設定する場合、最高トラップ数が99までしか設定できないので、5円間隔に区切って設定します。

次のページで、トラップ数・通貨数・狙う利益を入力します。

私の設定は、0.1円間隔でトラップを仕掛けているので、

(上限)85 – (下限)80 = 5

5 ÷ (トラップ間隔)0.1 =50

これが0.1円間隔で仕掛ける時の計算方法です。

これが0.2円間隔にしたいなら、0.1→0.2にすればOKです。

通貨数は1,000通貨なので、「0.1」

利益は、「800円」と設定します。

次のページで入力に間違いがないか確認したら、次へ。

次の画面で、「決済トレール」の設置をするかしないか?が問われます。

する場合は「設定する」しない場合は「設定しない」。

決済トレールって何?って方は、こちらの記事を参考にしてください。

関連記事:トラリピとは?FX自動売買を始めようと思っている人必見!

決済トレールの有無を決め、次へを押すと、次にストップロスの設定画面が出てきます。

ストップロスとは、いわば損切り設定です。

筆者は設定していませんが、する人はここで設定します。

筆者がなぜ設定しないか?というと、手動でも損切りはできるので、あえて設定していません。

おそらくトラリピを運用している方のほとんどは、この設定していないかと。

次へを押すと、最終確認の画面が出てきます。

間違いなければ、「注文する」をクリックし設定完了です。

わかりやすく非常に簡単に設定ができます。

この要領で、筆者の設定であれば、残りのレンジ(80〜75.1円・75〜70.1円)の3つのトラップを設定し、

売りレンジも同じ要領で設定すれば、それで完了です。

注文したら、あとは放置プレイで大丈夫です(笑)

FX自動売買に興味のある方はこちらから口座開設できます。

マネースクエアのHP

口座の開設方法がわからない方は、こちらの記事からどうぞ^^

関連記事:マネースクエアの口座開設方法

マネースクエア

資産運用アカウントを作りました。フォローしていただけると嬉しいです^^

スポンサーリンク