運転資金を調達した方法




前回の続きです。


今回は、個人の資産をほぼ溶かしてしまって、やりたい運用が出てきてもその資金が無く困っていたところからです。

その資金をどうやって調達したか?

決して借金した訳ではありません(笑)

まず私が起こしたアクションは…、法人口座を開設しました。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、私は小さいながら会社を経営しています。

なので、私個人の資産の他に、法人の資産があります。

では、その法人の資産を使って運用し出したのか?

間違いではないんですが、会社を経営している方ならわかっていただけるかもしれませんが、会社経営で運転資金というのはいくらあっても足りません。

動く額も個人とは比べものにならないくらいの金額が毎月動きますし、資産運用に資金を回して本業がおろそかになっては本末転倒です。

なので、会社の資金を資産運用に回すというのは、後々自分の首を絞めかねないです。

では、どのように資金を調達したか?

私の会社の取引先に支払う期限の取り決めは、毎月20日〆の月末払いです。

要は、請求書が届いて10日以内に現金で支払う訳です。

これを7年間(その当時)一度も遅れる事無くやってきました。

そして、2018年(去年)の6月〆の支払い金額は、約300万ありました。

その支払いを、1ヶ月遅くしてもらいました

要は、20日〆の翌月末払いに変更してもらったという事です。

元々、20日〆の月末払いって、あまりにも早い支払いだと思っていました。

それを一度も遅れる事なく支払っていたおかげで、取引先も20日〆の翌月末払いでも了承してくれました(渋い顔をした会社もあったがww)

そして、普通なら月末に支払うはずの300万が手元に残り、その300万で資産運用を開始したという訳です。

なので、サラリーマンの方にはあまり参考にならない方法ですが、

考え方はわかっていただけると思います。

日本人特有の考え方の中で、「どーせ払わなきゃいけないから」と、期日を前倒しにして支払う事って多いかと思います。

他にも、例えば車のローンを5年で組んで、3年支払ったけど、残りの2年を残一括できる金額が貯まったから、そうする。なんて事もあるかと思います。

決して間違ってはいませんが、そうする事で何か特をしている訳ではないんですよね。

期日よりも早く支払う事で、1円でも安くなります?一緒の金額を支払っているはずです。

ローンの場合は、「金利分が得だろ」と思われるかもしれませんが、ローンの金利って逆ピラミッドになっています。

5年ローンで説明すると、最初の1年目と最後の5年目の元本の減りを比べると、最初の1年目は金利が多く取られているはずです。

なので、前途の例で言うと、5年ローンの残りの2年を残一括したとしても、金利はほぼ3年で支払わされているので、そのままローンを払っていっても、最終支払い金額はそこまで大きく違わないはずです。

何が言いたいかというと、少しでも自分の手元に資金をプールしその資金で運用するのが一番賢いです。

お金は回してなんぼです。

貯めてばっかでも、使ってばっかでも、回っていませんよね?

出し入れする事でお金って回るんです。

私の場合で言うと、10日後に払おうと40日後に払おうと、何も変わらないのであれば、少しでも遅く支払いをし、少しでも手元に資金を置き、その資金を運用する事でさらに資金が増える。

この方法で資金を回すようになってからというもの、今現在全く問題ありませんし、逆に今まで以上にお金が回っていると言えます。

その300万で、飲みに行って使ったり、海外旅行で使ったり、車を買っていたらこうはなっていないはずです(笑)

っという事で、2回にわたって資産運用を始めたきっかけと方法を書きましたが、

次回からは、具体的な資産運用の方法を綴っていく予定です。

尚、たった1日でたくさんのフォローありがとうござます^^

ほとんどの方が、本垢(エロ垢?ww)からのリファラの方ですが、一部この垢のみの方もいらっしゃいます。

ですが、バッカスさんやMKさんなど、本垢からここの垢もフォローしてくれた方は、私の人物像に興味を持っている方たちばかりな気がして、非常に嬉しいです(笑)

エロばっかじゃないぜよ(笑)

これからも宜しくお願いいたします!

資産運用アカウントを作りました。フォローしていただけると嬉しいです^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする