出川組の私が投資後1週間でどん底に…

前回の続きです。


コインチェックビットフライヤーの口座を開設した私は、早速仮想通貨を購入すべく行動に出ます。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク

日本円での入金は至って簡単。

クイック入金で数分後には取引所の口座に反映していました。

まず取引所に入金したのが、投資しても問題ない額の半分。

その額を半々に分け、コインチェックとビットフライヤーにそれぞれ入金。

まず買ってみないことには何も始まらないと思い、当時のレートはあまり気にせずコインを購入。

銘柄について、ここでは控えさせてもらいます。

何故かというと、そのコインを買った根本的な理由がないからです(笑)

少し下落した後だったのもあり、あまり迷いもなく購入できました。

(ここからどれだけ上がっていくんだろう?)

そんな期待しかありませんでした。

その日から毎日レートを見るのが楽しみで仕方がありませんでした。

ですが、仮想通貨をやり出した矢先、いきなりその希望を砕かれる出来事が…。

1月中旬の大暴落

その日は突然やってきました。

前日、寝る前にレートをチェックすると、どの銘柄も10%ほど下落しています。

(一晩寝たら回復しているだろう…)

そんな感じに安易に考えて眠りにつきました。

ですが…、朝起きてすぐレートをチェックすると…、

どの銘柄も軒並み20%〜30%の暴落!

何が起きたのか、さっぱりわかりませんでした。

っと同時に、初めて1週間でいきなり現実を突きつけられた私…。

もちろんこうなってもどうにもできません…。

焦る気持ちを抑え、

(暴落の1回や2回あって当然だ)

自分で自分にそう言い聞かせ、今回の暴落の原因と去年(2017年)にあった暴落を調べてみました。

今回の暴落は、韓国政府と中国政府の発表の影響によるもので、どこかの国が…、いや、誰かが仮想通貨についてネガティブな発言をしただけで、これだけ下がるという仮想通貨の恐ろしさを知りました。

そして、去年は3回ほど大暴落しているではありませんか…。

しかも、去年もこの1月の中旬に…。

(そういう時期なんだ、今からまた元に戻るだろう…)

安易に考えはしましたが、実際は「そう甘くはない…」「すんなり行く訳がない」

それが現実でした。

ですが、そんな出川組の私に、さらに追い討ちをかける大事件が…。

コインチェック事件

2018年 1月 26日。

それは起こりました。

日本の仮想通貨取引所「コインチェック」が、海外からの不正アクセスにより、

5億2,000万XEMを失うという事件。被害総額は560億円。

それにより、この日からコインチェック全てのサービスが停止、顧客の資産は全て凍結…。

さっきも記したように、投資した資産の半分は、ここコインチェックに預けている状態…。

そして、この事件が私にどのような影響を及ぼすか?

もう終わった…と思いました。

仮想通貨をやり出して、たったの2週間で、これだけの事が起こるなんて…。

やる前に誰が想像したでしょうか?

それは私と同じ「出川組」と言われる方々皆そうだと思います。

それ以前にやっている人もこれを機に、利確に走った人も多いと思います。

やり出してたった2週間で仮想通貨市場最大の出来事に出くわした訳です。

出川組は…。

(何でこうなるんだ…)

恨み節全開でこの記者会見を見ていました。

本当に心が折れかかりました。

たった2週間でこれです。

まず、このコインチェックの件は、もちろん顧客の大事な資産を預かっている身なのに、ずさんなセキュリティが起こした事件である事は見て取れます。

…が、だからとコインチェックが全て悪いのか?と冷静になると思ってみたり。

まず、私たち出川組のほとんどの人は取引所に預けっぱなしだと思います。

私も「ウォレット」という物の存在はもちろん知っていましたが、調べれば調べるほどやり方がややこしく、しかも初心者にはちと難しそう…。

なので、そのまま取引所に置きぱなしだった…。

そんな人たちばかりだと思います。

ですが、起きた事は仕方がないので、一日も早くコインチェックが再開してくれる事を願うばかりです。

そうすれば、まだ道はある…。

そう思っていましたが、コインチェックが犯した最大の罪は、ハッキングにあった事よりも、

相場全体の懸念による大大大暴落を引き起こした事が一番の罪なのではないでしょうか?

コインチェックに資産を預けてある・無し関係なく、今は投資家が皆泣いている状況なのは紛れもない現実です。

今現在の仮想通貨

コインチェックの件から十日経った今、

下落は一向に止まっていません。

※主な仮想通貨の価値(2/6 午後4時現在)

・BTC 664,000(2017年11/12と同額)
   最高額:240万/73%下落

・ETH 62,900(2017年12/12と同額)
   最高額:18万/66%下落

・BCH 84,100(2017年11/10と同額)
   最高額:50万/84%下落

・XRP 63.829(2017年12/14と同額)
   最高額:402円/85%下落

・XEM 39.638(2017年12/10と同額)
   最高額:248円/85%下落

・MON 351.341(2017年12/22と同額)
   最高額:2,281円/85%下落

CCの件から毎日のように、仮想通貨のネガティブな情報が報道され、日に日に下がって行っています。

去年の年末〜今年初めに最高額を記録したコインばかりですが、どれも66〜85%下がっています。

たった1ヶ月で…です。

ある意味、恐ろしい世界です。

もし、年末〜今年初めの天の時に買っている出川組の人は、下手したら1ヶ月で投資した金額の価値が15%になったって事になります。

やり出してたった1ヶ月でこの状況…。

ここでスパッと手を引くのも一つの手だと思います。

少しでもマイナスを少なくして手を引くのもいいでしょう。

実際、出川組の人は、そういう人が多いと思います。

大怪我する前に…って人が。

ガチホしてても、レートを見るのも嫌って人も多いかと思います。

私もそうです(笑)

ですが、私は逆にこの1ヶ月で過去最強の出来事がいきなり来た事で、ある意味よかったのかもっても思っています。

免疫ができたというか(笑)

だって、そうそう起きない事が立て続けに起こったのだから。

しかもやり出してすぐに(笑)

出川組の人は皆そうだと思います。

もちろんこれから先上がる保証もありません。

さらに悪くなることもあるでしょう。

ですが、今の私は毛頭手放す気はありません。

これからです!これからが勝負です!

次回、どのようにして巻き返そうと考えているか?

出川組だからと悲観せず、自分なりの考えを述べたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする