ボッタクリ居酒屋メニューシリーズ 〜雪見鍋〜

またまた少し更新が開いちゃいました。

年末真っ只中ですが、何かテンションが上がらない今日この頃…。

何でしょうねぇ…。

仕事が山積みだからテンションが上がらないのかも…。

スポンサーリンク

ちなみに、年内はパンパンです。

仕事で。

日本人なら喜ばなければいけない事なのかもしれませんが、

私は全く喜べません(笑)

って事で、

仕事の事ばかり考えてても気分が悪いので、先日も鍋作りました。

またもや一人鍋(笑)

いつか忘れましたが、「ぴったんこカンカン」って番組を見たんです。

いつもは全く見ないんですが(笑)

ですが、たまたま見た時に、俳優の堤真一さんが美味しそうな鍋を作っていました。

その鍋は、「雪見鍋」

食べた事ないですが、見ててスッゲー美味そうなので作って見ました。

材料
・鶏団子(または豚肉)適量
・牡蠣 適量
・白菜 1/8
・椎茸 2個
・えのき 1房
・豆腐 1丁
・大根おろし 適量
・ゆず 適量
・刻み葱 適量

野菜はこんな感じ。

一人分なんでこれで十分です。

まずは、水500ccに、出汁の素を入れ、

酒・みりん・醤油・塩を入れて沸騰させます。

そこに、今回の主役、「牡蠣」を入れます。

牡蠣は、鍋用の物をスーパーで買ってきました。

次に、鶏団子を投入。

鶏団子に火が通った段階で、少し味見してみると薄かったので、めんつゆを少量足しました。

次に、さっきの野菜を全部放り込みます。

野菜に火が通るのを待つ間に、今回の鍋のサブメインの物を。

大根おろし。

そして、ゆず。

ゆずは千切りにします。

そうしていると、煮立った鍋。

そこに大量の刻み葱を投入。

先日、家にあるもので「卵とじ蕎麦」を作りました。

その時たまたま家にネギがありませんでした。

それでも強行突破して作ったんですが、ネギがあるのと無いのとでは味が全然違いました…。

汁物はもちろん、どんな料理にもネギは必要だというのを改めて感じたので、

今回は大量に投入しました。

そして、豆腐を入れ、

煮立ったら、最後に、

大根おろしと、

ゆずを足し、完成。

この日は、「カツオのタタキ」も一緒に。

部屋中に、ゆずの香りと鍋の出汁の匂いが充満してて、めっちゃ食欲をそそられます。

やはりと言っていいか、

牡蠣と大根おろしの相性が良すぎます。

私、生牡蠣も大好きなんですが、食べ方はポン酢と大根おろしって決まってます。

なので、今回の鍋は今年食べた鍋の中で一番美味しいです。

カツオは生姜に限ります。

青魚独特の臭みも生姜の香りで消してくれるので。

もちろんビールとの相性もバッチリ。

結局、一人で全部平らげたんですが、不思議と胸焼けとか胃もたれ感が全くないです。

もともと、大根おろしは消化にいいと言われていますし、カツオも生姜で食べることでアッサリと食せるので。

今回も大変美味しくいただきました。

これ…、

ボッタクリ居酒屋オープンしたら、冬は鍋しかメニューないかもですね(笑)

まぁいいでしょう。どうせ、客はメタボなオヤジしか来ないんだから(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする