居酒屋メニュースシリーズ 〜チョー簡単に作れる鱈のホイル焼き〜

ここ最近、朝晩が冷え込むようになり、いよいよ鍋が美味しい季節に突入ですね。

先日も、「豚キムチチゲ」を作りましたが、

その後にも寄せ鍋を作って、家族で鍋をつつきました。

スポンサーリンク

でも、鍋っていつも材料があまります。

買い物をしている時は、

(このくらい食えるだろう)と思い、買うんですが、

買った材料を使い切ったためしがありません。

今回も案の定余りました。

ですが、その余った材料で、2日連チャンで鍋ってのも味気がないです…。

なので、余った鍋の材料でチョー簡単に作れる料理を作りました。

材料
・タラの切り身
・椎茸
・えのき
・玉ねぎ
・白出汁 適量
・めんつゆ 適量

鱈。

冬の鍋には欠かせない物だと思います。

ですが、前の日の鍋に2切は入れて食べたんですが、3切も余っちゃいました。

鱈を鍋に入れたら、良い出汁が出るんですよね。

そして、これも昨日の鍋の材料の残り。

えのきと椎茸。

そして、冷蔵庫にあった玉ねぎを切り、

アルミホイルに包み、

ここに、

白だしとめんつゆを加え、

いつもなら、粉状のかつおダシを使うんですが、たまたま家に白だしがあったのでそれを使いました。

白だしの方が高級感のある味になるので美味しくなりますし。

そしてアルミを包んで、

魚焼きグリルで15分〜20分。

たったこれだけです。

あと、美味しく仕上げるコツは、焼く上がってもすぐにグリルから出さずに、余熱で時間を置くことです。

そうすることで、玉ねぎがトッロトロになって甘みが増します。

ですが、私は我慢できなかったので、焼けてすぐ食べました(笑)

メッチャ良い匂い!

鱈の身はホックホクです。

ビールとの相性も抜群です。

1個目は案の定、玉ねぎがトロトロになっておらず、少し甘みも少なかったですが、

20分ほど置いて食べた2個目は、玉ねぎもトロトロになっていて、玉ねぎの甘みも染みてて最高に美味かったです。

カメラのピントが合わないくらいトロトロでした(笑)

結局、3つ焼いたうち、2つを自分で食ってしまいました(笑)

やっぱり人間は美味いものを食べている時が一番幸せを感じますね。

禁酒も3日坊主で終わったし(笑)

まぁ、人間一番体に悪いのはストレスですから、我慢するのが決して良いとは思いません。

なので、我慢せずに何事も好きなように生きていこうと思います(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. バッカス より:

    ホイル焼きはいつもポン酢バターにしてしまいますが、
    白ダシも旨そうっすねぇ