ソウルでサムギョプサルを食べるならココ「黒豚屋」

韓国のポピュラーな食べ物…。

まぁいろいろあります。

キムパプ、プルコギ、トッポッキ…。

ですが、日本人が韓国に行ったら必ず食べに行く物は、

「サムギョプサル」ではないでしょうか?

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

スポンサーリンク

済州島発の三枚豚※サムギョプサル 「黒豚屋※フットンガ

サムギョプサルとは、

朝鮮の焼き肉料理の一種で、豚の三枚肉(ばら肉)を焼いたもの。塩入りのごま油につけて食べるほか、にんにく・青とうがらし・サムジャンなどといっしょにサンチュえごまの葉で包んで食べる

韓国に行ったことない方でも、サムギョプサルは知っている人が多いかと思います。

日本でも食べようと思えば食べれる料理ですが…、

日本と韓国の違いは…、

この ”肉厚” です。

日本のスーパーなどで見る豚肉って、薄くスライスしたものが多いかと思います。

ですが韓国では、この分厚く切った豚肉を焼いて食べるのが最もポピュラーなサムギョプサルです。

そんなサムギョプサルですが、一番ポピュラーな肉料理とあって、どこに行ってもお店は存在します。

逆に言うと、店が多すぎて、どこに入っていいかわからないくらいです。

今回ご紹介する店は、「黒豚屋※フットンガ

いわばチェーン店です。

…が、明らかに店によって味が違います。

っていうのも、今まで明洞店、新沙店、そして今回ご紹介する江南店と食べ歩きましたが、

明らかに「江南店」が一番美味しかったです。

場所は、江南駅5番出口より徒歩5分。

Sumsung本社のすぐ近くです。

だからか、日本の駐在員の方もお客さんでよく見かけます。

注文したら、店のアジュンマが全てやってくれるので、任せましょう。

写真は、サムギョプサルのさらに上の五枚豚※オギョプサル

肉がさらに分厚いです。

焼けたら、キムチやサンチュと一緒に食べます。

ここ江南店は、朝5時までやっているので、江南でたらふく飲んだ後、シメにサムギョプサル…なんてのもアリだと思います(食えたら…の話ですが)

店名 흑돈가「黒豚屋」(フットンガ)
住所 1322-12 Seocho-dong, Seocho-gu, Seoul, 大韓民国
予算 一人₩30,000〜50,000
概要 韓国の焼肉チェーン。ソウル市内にはたくさん存在するが、個人的にはここが一番上手い。SAMSUNGの本社がすぐ横にあり、駐在員もちらほら。店員は日本語での対応はできないが、メニューに日本語の記載があるので安心。

一応、明洞店のマップも貼っておきます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. フレコン より:

    ガンモさん

    美味しそうですね。

    網焼きの場合は、肉の油で火事になりませんか?

    それに、僕はキムチ炒めと、肉の油で揚げ焼きにしたニンニクが好きなので

    やっぱり、鉄板か溶岩のような板でサンギョプサルを焼きたくなりますが(汗)

    ハサミで切っても、なお肉厚のオギョプサルそそられますね。

  2. バッカス より:

    サムギョプサル、鉄板じゃなくて、網焼きもあるんですね

  3. 中村 より:

    私も볶은김치大好きです。グルメシリーズ参考になります。ありがとうございます。