僕と彼女の日韓恋愛紀行 『日本編〜』〜彼女が僕の町にやってきた①〜

※この記事は、本家のブログで2016年12月2日にアップした記事です。

シンチャオ!

今月は海外にも行かないし、ブログネタが全くありません。

2日目でもう行き詰ってます(笑)

なので、少し間が空きましたが「日韓恋愛紀行」の記事を再開します。

私の …ね!(笑)

コーン茶さんの記事を待っていたのに…とかやめてくださいね(笑)

題名通り、彼女が私に会いに来た話です。

本題に入る前に、前回の気まずい雰囲気から何故こうなったのか??

スポンサーリンク

何故、彼女がわが町に?

この記事から、

これまで、相も変わらず毎日のようにやりとりは続いていた。

結局、決意した事は言い出せずじまい…。

こうなるのも、自分に原因があるんじゃ?

そんな疑心暗鬼に陥っていた。

でも、言うなら直接会ってにしたい。

メールやLINEで簡単に終わらせる事も出来るはずなのに、何故かそこにこだわる私。

要は、未練があるんだろう…。

都内某日。

私は都内へ向かっていた。

この日は急に行かなければいけない用事ができ向かっていたが、あえて彼女には伝えていなかった。

というか、この日は会うつもりがなかった。

仕事が終わり、1人喫茶店へ。

仕事中見れなかった携帯を覗くと、彼女からLINEが来ていた。

何か様子がおかしい…。

どうやら仕事先の上司に、ちょっかいを出されているようだ。

日帰りで帰るつもりだったが、今東京にいることを彼女に告げ、会うことにした。

あくまで、彼女が心配だから…。

この日、彼女は夜遅くまでの勤務。

待ち合わせは11時。

10時半頃、彼女から電話が。

G
今仕事終わったけど、どこ??

ガンモ
ホテルだよ。

G
着いたら電話するからそれまでホテルで待ってて!

電話の声の彼女はとても明るく、長時間の勤務から解放された安堵の声と、前回の旅行以来の再会を喜んでいる、

そんな声に聞こえた。

私は早めに待ち合わせの場所に行き、彼女を待っていることに。

10分ほどタバコを吸って待っていると、彼女が現れた。

仕事終わりなので、どれだけ疲れた表情で現れるだろうと心配していたが、

メイクもばっちりで、疲れた表情には見えなかった。

私たちは、5時までやっている居酒屋に入り、ビールで乾杯した。

鯵の姿作りや、枝豆などチョットしたツマミを頼み、

ビール片手に料理を食す。

鯵の姿作りが出てきた時は、まだ頭の部分が動いているのが珍しかったようで、

動画を取り出す彼女。

なかなか動きが止まらない鯵に、

G
この魚は不死身なの??

女の子の店員も寄ってきて、皆で鯵の最後を見届ける。

動きが止まった鯵に、皆何故か声援を送っている。

ガンモ
日本語よりも韓国語で話しかけた方が生き返るよ!

店員の女の子達
アニョハセヨ〜〜〜〜!

本当にピクッと動く鯵(笑)

店員を巻き込んだ、こんなくだらないやり取りでも彼女にとっては楽しい時間のようだ。

2時間ほど飲んだだろうか。

ガンモ
…で、上司に何されたの?

G
……。
G
うぅん、もういいの
G
あともう少しで辞めるから、それまでの辛抱

確か、彼女が韓国に帰るのはまだ先。

それまで仕事もせず何をして過ごすのか気になった。

ガンモ
でも、仕事辞めてから韓国帰るまで結構時間が残るよね?
ガンモ
何するの??

G
仕事やめたら…
G
どうしても行きたい所があって…

ガンモ
あー…、北海道

G
そこもだけど…

G
ガンモさんが住んでいる所に…

ガンモ
!!!

ガンモ
……。

彼女は本気なのか??

この前断ったのに…、

俺の所に来るっていうことは…。

ガンモ
も…、
ガンモ
もし来るとしたらいつ??

G
私はいつでも^^
G
ガンモさんの都合に合わせます^^

実際に彼女は、土地名だけではなく、具体的に行きたい場所をスラスラと言い出した。

どうやら、ただの暇つぶしではなく本当に行きたいので、いろいろ調べていることがわかった。

そして、具体的に日にちまで言い出す彼女。

そして、私の都合の良い日の高速バスを予約し始めた…。私の目の前で…。

彼女はかなりご満悦。

ガンモ
明日も仕事でしょ?そろそろ帰ろうか?

G
いいえ。明日は休み。
G
明日は何時に帰るの??

ガンモ
え??決めてないけど…

何か言いたげそうな彼女。

その心を見透かした私は、

ガンモ
明日、帰る前にランチ一緒に食べる??

G
うん!

そして、この日はお別れ。

部屋に誘おうかと一瞬脳裏をよぎったが、この前のこともあり…、この日は間を置くことに。

ピュアなデートを楽しむ

12時にとある駅で待ち合わせし、そこから上野に向かう2人。

私がよく行く回転寿司の店へ。

昼時という事もあり、並ばないと座れないくらい混んでいた。

20分ほど待ち、ようやく店内に案内された。

2015022214204393a

ネタが大きいのと、活気のある店の雰囲気にご満悦な彼女。

店内の客層は、外国人が多い。

その中に、ゲイかオカマらしき外国人が。

その客を見ながら、ゲイとオカマの違いについて彼女に教える。

韓国はちょっとニュアンスが違うようだ。

そうこうしていると、ゲイの外国人が帰って行った。

G
でも、あの外国人…、カスミ コヨ※胸が大きい 

ガンモ
???

私の隣にいる女性の事を、「胸が大きい」と言ったと勘違いし隣の人の胸を覗き込む私。

別に大きくない。

彼女は、私が意味を理解していないと思ったのか…、

G
カスミ!※胸
G
ココよ!コ・コ!

そう言い、私の胸を揉みだした。

チョット、ドキッとした。

ガンモ
あ!さっきのタイっぽいゲイの事ね…
ガンモ
俺もAカップぐらいありそうだけど、ゲイに見える??

そう言い、胸を張ってみせる私の背中を「パチン」と叩き、大笑いする彼女。

昼からビールを飲み、少し変なテンションの2人。

たらふく食べた2人は外に出て、少しプラプラ。

宝くじ売り場で立ち止まる彼女。

興味があるようだ。

G
一度スクラッチやってみたかったの。

ガンモ
やってみる??

3枚づつ買い、削ってみると、

私は3枚ともハズレ。

彼女は2枚が当たっていた。

「キャッ♪キャッ♪」と喜ぶ彼女。

その後、喫茶店に入り、コーヒーを食す。

私が「そろそろ…」と言い出す機会を伺っていると…、

G
今から、上野動物園に行かない??

ガンモ
えっ⁉︎動物園??
ガンモ
う…うん…、まぁいいけど…

正直、気が乗りませんでしたが、別に急いで帰る必要もなかったので、動物園に行くことに。

動物園に入り、

G
あー…やっと来れた…。
G
何年か前に来た時は、休館日で入れなかったの…

上野パンダ

パンダや、

上野シロクマ

シロクマなど、匂いのきつい動物園の中をくまなく周り、

動物園を後に。

上野公園

この日は良い天気だった。

この前の富士山がこんな天気だったら…。

帰る方向が逆なので、上野で別れることに。

別れてすぐ、彼女からラインが…。

G
今日も楽しかった^^
G
ガンモさんに会いに行くの、楽しみにしています^^ 

かわいいなぁと思う反面、何も起こらなかったら…と思うと…。

正直、結構お金もかかる話だ。

彼女も全て私が出すのを遠慮して、少しは出してくれるが、それでもかかる…。

何もないなら、いっその事切って、海外に遊びに行った方が…と思わされる。

そんな事を考えながら、ふとスマホでインスタを開いて見ると…、

彼女が、今日の写真をアップしていた。

「#日本は天気が良い日 #空が綺麗 #楽しかった休日」

彼女は、私が彼女のインスタを見ていることを知らない。

お互いフォローもしていないし、たまに覗き見するが、彼女もあまり頻繁にアップするタイプではない。

私は全くしない。

だが、私と別れすぐこの写真をアップした彼女。

誰に…ってわけでもないとは思うが、

これを見て、単純な私は、

(彼女が韓国に帰るまで…、トコトン付き合うか…)

前回のモヤモヤした旅行のことは、この時点で消えかかっていた。

そして、この日から2週間後、その日がやってきた…。

《つづく》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. G面 より:

    ガンモさん、ついにですか⁉︎続き楽しみに待っています!

  2. ヨシ より:

    エロとピュアの格闘ww

    ガンモさん正直すぎですw