僕と彼女の日韓恋愛紀行『日本編』〜初めての小旅行①〜

※この記事は、本家のブログで2016年11月3日にアップしたものです。

シンチャオ!

「チョットほろ苦い日韓恋愛紀行」というカテゴリーの一番最初の投稿が、自分っていう(笑)

寂しい限りですㅠㅠ

それは置いといて…、

やはり、読者さんから「Gちゃんの話を!」という声が多いので、久々に書こうかと。

女性の読者さんだけではなく、男性からもそういうコメントいただいています。

そりゃ、ベトナムの総括の時に、

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-01-19-13-39

って書けば、誰でも「んっ⁉︎」ってなりますよね(笑)

これからの話は、そのベトナム帰国後の話です。

また、ちょっぴりセンチメンタルなお話なので、エロ目的の方は、ここで失礼させていただきます。

スポンサーリンク

訪越前に彼女に再会

9月初旬、都内某所。

この日以来、3週間ぶりに彼女に会った。

前回会った時、ビザの期間を短縮し、韓国に戻ることを決めたという彼女の話を聞き、

どこか、安堵を浮かべた私。

この日は、まず居酒屋へ行き、腹ごしらえを。

料理の味もさることながら、店内の雰囲気も相まって、彼女はとても満足そう。

ガンモ
ところで…、バイトはどうするの?

G
うーん…、
G
今変わってもまた一からだし、このまま我慢しようかと思って…

ガンモ
じゃあ、今年いっぱいそこで働くの??

G
うぅん、11月中旬には辞めようと。

11月中旬と言っても、まだまだ先の話だ。

しかも、仕事を辞めて帰国まで何をするつもりなのか…?

G
韓国に帰るまでの1ヶ月半は、いろいろあちこち行ってみようと思って。

どうやら、一人で旅をするようだ。

ガンモ
どこに行く予定なの??

G
絶対行きたいのは、富士山。後、北海道。
G
後は…、ガンモさんが住んでいる所!

ガンモ
!!!!

一瞬ドキッとした。

…と同時に、微妙な感覚が身体中に…。

ガンモ
……。

即答で、「うん!おいで!」と言えない自分が、少しもどかしい気がした。

ガンモ
ま…まず優先順位でいくと…
ガンモ
”富士山”と”北海道”…
ガンモ
もう日程は決めたの??

G
まだ何も…

そこで、ある提案が頭に浮かんだ。

ガンモ
じゃあまずは近場の富士山から。
ガンモ
この日に俺が帰国する日だから、それから富士山に行こう!

G
一緒に行ってくれるの??
G
嬉しい…

ベトナムからの帰国便は、朝の8時ごろの到着なので、そこから都内に向かって、富士山に行っても日帰りが可能なくらい時間がある。

ガンモ
OK.じゃあこの日は富士山ね!

G
え?1日だけ??
G
せっかく行くんだし、もう1日くらい富士山を眺めていたい…

ガンモ
!!!!

ひ…、一晩を共にするっていうこと!?

この子は、その意味を分かって行っているのだろうか?

男女が、一泊するということは…。

ガンモ
じゃあ、富士山あたりで一泊したいって事??

G
うん…、ガンモさんが可能なら…

ガンモ
……。

可能も何も…、

ガンモ
OK!じゃあ温泉旅館にでも泊まろう!

G
ホントに?楽しみ!

この日は、次回の約束に漕ぎつけただけで満足した私は、彼女を見送り、ホテルで就寝。

ただ、どういうつもりで言っているのかが、気にはなっていた…。

彼女とは、これで何度も会い、酒も一緒に飲み、時には軽いスキンシップも…。

だが、一夜を共にしたことはまだ無い…。

韓国では、友達と決めた男となら、同じ布団に寝ても平気なのか…??

だが、これだけは確信できた。

彼女は今まで私が出会った韓国人女性にはいないタイプだ。

そして、今までの韓国人と同じように事が進まないこともわかっていた…。

帰国後、その足で富士山へ

成田空港に着いたのが、朝の8時。

9時には、スカイライナーに乗り都内へ向かっていた。

だが、電車の中で回想する事といえば、

これから起こりうる事よりも、ベトナムでの楽しかった事ばかり。

ベトナムが楽しすぎて、正直少し面倒になっている自分がいた。

彼女との約束の時間は、新宿駅に12時。

まだ時間があったので、デイユースのあるビジネスホテルに入り、シャワーを浴びたり荷物の整理をしたり。

12時きっかりに、新宿駅へ。

彼女もすでにどこかで待っているよう。

LINEで連絡を取り、富士山に向かう電車のホーム近くで待ち合わせ。

薄着の彼女が現れた。

この時期はまだ半袖でも十分過ごせる時期だが、富士山の麓にまで行けば寒いような気がして、

私は薄手のジャケットを用意していた。

彼女の表情は、ワクワクが止まらない感でいっぱいだった。

その彼女とは裏腹に、私は…。

生憎、この日は天気が悪かった。

山梨まで行けば晴れているかも??

微かな望みを抱きながら電車に乗り、2人で弁当をつつきながら外の景色を眺め富士山を目指す。

電車に乗り30分ほどで、私の意識が遠のいていくのが分かった。

ベトナムの疲れが相当溜まっていたようだ。

気がつくと、そこはすでに山梨だった。

今回、予約した宿は、河口湖の旅館。

JTBのツアープランで、一泊2食付き、電車代込みで1人13,500円。

安いのか高いのかはわからないが、国内を電車で移動し旅をするのは久しぶり。

一度、乗り換え河口湖の最寄の駅に到着。

やはり天気が悪い…。

富士山の影すら見当たらない。

G
天気が…
G
明日は晴れてくれないかなぁ…

彼女の目的は、本当に富士山なのか??

それとも、俺とこうやって旅行することなのか??

まだ確信に迫るのには早い。

夜になればわかるだろう…。

そう自分に言い聞かせ、まずは旅館に向かうのであった。

《つづく》

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. なあ より:

    드디어!!!!更新ですね♡

    お泊りドキドキですね!!
    わたしの方が!笑

    • gwangmo より:

      >なあさん、Gチャン記事になると反応早いですね!(笑)

      続きもドキドキしながら見てください(笑)

  2. コップ より:

    ガンモさん、続きがマッチャ気になります!

    • gwangmo より:

      >コップさん、ありがとうございます!

      どうでもいいですが、マッチャになってますよ(笑)

  3. チュー吉 より:

    Gちゃん記事待ってました!
    それにしても。。。引っ張りますねw

  4. ヨシ より:

    気になりすぎます!
    ドキドキしますねー

    Gちゃんの一言一言が可愛いっす

    • gwangmo より:

      >ヨシさん、ドキドキしてくれてありがとう(笑)

      続きは、小出し小出しで行きます(笑)